記事一覧

iA機能の考察(HDC-SD100)



SD100に備わっているiA機能は上記の比較画面を見ると非常に面白い。

オート画面を見ると元々ビデオカメラの諧調が狭いのがわかる。テントの白が信号的に飽和し黒から白までの諧調が強制的に決まってしまう。そこで業務用以上のカメラではマニュアルでアイリスを開け黒っぽい中間トーンを上げようとする。テントの白はクリップするが、あえて全体のトーンを明るくしようとする訳だ。

このトーンをカット毎に連続的に維持するためにマスモニや波形モニで明るさの数値を設定し作品の統一トーンを管理するのがビデオ・エンジニアの本来の姿であり決して機材のお守りではない。

ビデオ・カメラにはベースライトと言う発想がある。諧調が狭いため白の質感を重視した絵作りをするときは中間トーン部分に光を足していかないと満足な色再現特性ができないという遺伝子を今でも引いている。ビデオ照明は映画と考え方は同じだがベースライトの思想が違うと言われる由縁である。

もっとも見た目と言う最近の撮影技術の流行は不必要な強い色の再現性を嫌う。絵作りにも流行があるのだ。

家庭用カメラに登場したiA機能はこのような諧調にまつわる絵作りを自動化する実に驚嘆すべき技術だと言う実感がある。黒も白も潰れてしまうような諧調を損なう事がなく中間部分が明るくなっている。ガンマー制御だとしたらカット毎に色の発色が微妙に異なるはずだが継いでも違和感がない。一言でいうとウマイのだ(笑

実に興味深い。同時に家庭用のカメラで撮影しても楽しく収録出来るだろうなと思うような機能だ。

一人で趣味で撮影するに使うには、このSDシリーズは怪我が少ないだろうなと思う。まぁ反面、繊細に制御できるズームリモコンが無いなど致命的な欠陥もある。そのため拙の場合はカット構成がメインとなっている。もっとも機動性を生かすためにカメラ用の安くて軽い三脚を多用しているのでカメラワークと言うのは元々できない(笑

家庭用のカメラ選択は難しいというオチだ(笑

数値地図とマッピング、そしてPDF

アップロードファイル 318-1.jpg

以前にカシミールを使って数値地図にマッピングの実験をした。
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=303

今回はマッピングしたTiffを直接アクロバットに読み込みハイパーリンクしてみた。ちょっと違う指向をしてみたかったのだ。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/pdf/map.pdf

上記のpdfは旧暦の6月からだらだら1ヶ月間に渡って開催される常陸太田市町内の鎮守の神社の位置である。完全に撮影と編集を終わってないのでリンクしていない神社もあるが気分は出ていると思う(笑

拙的には社会の結束力の求心力は祭りであると言うのを確信した撮影だったが、その社会関係の維持するには子供がいないと力が薄れる傾向にあるのにも気がついた貴重な経験だった。社会関係は家族をベースにして地域の結束力が強弱するものである。この辺は以下で考察しているので興味がある方は以下を照覧くだされ
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=44

電子出版物の媒体として拙が崇拝(笑)しているpdfもマルチメディア・ベースでは以下の欠点がある。

・映像素材を埋め込んだページを全部読み込まずにいられないのだ

flvはストリーミングを前提としているためWebでの抑圧がない。ところがWeb上でのflvが埋め込まれたpdfは容量を全部読み込まないと再生されないクセがある。辺境文庫での実験は
http://audience.studio-web.net/bunko/navi.cgi?mode=view&class=6

そのため数十ページに渡るpdfに映像を埋め込むと読み取り時間の心理的な抑圧が発生する。そこで今回はpdfをパンフレット的な目次仕様で遊んでみた。再生映像はJAVAを効かせて映像だけの再生サイズにしたかったが今回はブログにリンクさせた。

ページは未完成だがこんなものかなと思えるものである。
Javaの埋め込みも検討したがメンドかった(笑

7月から8月にかけて例の分割ソフトで35000行のものを作り、家人がかんでいるHPを立ち上げ、撮影を20ヶ所以上こなさなければならなかったので非常〜〜〜に忙しかった。

まぁ忙しいときはそんなものだ(笑

話は変わるがflvの本家本元であるOn2テクノロジー社がグーグルに100億円弱で買収されたらしい。株式交換だからキャッシュはそんなに必要なかったようだ。しかしやるものだ(笑)SonyかPanaと思っていたが景気が悪くて手がでなかったかなぁ。フラッシュ系統で技術供与をされている所はヒヤヒヤものになるかもしれない。というより将来的にAdobeがグーグルに買収されると言うのが論理的なのかもしれない。

一頃はマイクロソフトの買収戦略がアクがきいていたがグーグルに世代交代した様相をになってきたなぁ〜〜どう考えても(笑

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347

Digaの意外や意外の超機能(AVCREC)

とりあえずBlue-Rayの再生環境が欲しかったばかりにDigaのラインの中で一番安い機種(DMR-BR550)を購入している。恥ずかしい話だがBS放送の録画できる環境がなかったのでまずその辺の要求が大きかったのもあった(笑

ただ機種の選定にあたっては再三いっているが使用している家庭用Panasonicのカメラの影響が大きい。食わず嫌いだった世界規格でもないAVCHDが編集上の使い勝手を含めて総合的にHDVよりも勝っているとは思いもよらなかったし32GのSDHCメモリーが最高画質で2時間以上の収録ができることで後編集の方法論を一変してしまった。

勢いSDHCメモリーを挿入する事で撮影映像を簡単に再生出来るVieraやDigaが購入の対象となってくる。つまりカメラから逆引きでシステムを購入させられたわけで、まぁメーカーの設計思想に結果的に乗せられた形になっている(笑

だが現実的に撮影を趣味としている対象にはテープ・ベースの煩わしさから解放されたメモリー再生システムはメチャクチャの使い勝手を実現している。

拙的には以前のシステムには戻れない。

以前コラムではAVCHDは次世代ディスクの撮影系のカウンター技術ではないかと述べた事がある。

対抗していた東芝の撤退によってBlue-Rayの覇権が確定したわけだが実はディスク作成技術にもう一つのカウンター技術が付加されていたのではないかと思われる節がある。

AVCRECである。

拙はこの規格を無視していた(笑)また規格自体もオープンになっていない。まったく不勉強だったがこの規格は従来のDVDレコーダーではできなかったデジタルハイビジョン放送(地上・BS・110度CSデジタル)をハイビジョン解像度のままDVDに記録することが可能になり、片面1層のDVDに約40分~2時間10分、片面2層に約1時間20分~4時間10分程度のハイビジョン記録が可能なのである(記録時間は製品や画質モードに依存する)

そこでCPRM(いわゆるダビング10)対応したDVD-Rを購入しBSをAVCRECで記録してみた。問題ない(笑)さらにWOWWOWのHD記録した映画をAVCRECしてみた。これも問題ない(余談だがディスクのコスト感覚が素晴らしく違う)

HD記録した映画をDVD変換していた不明を恥じる結果となった(爆

来るべき地デジの時代に必要とされるのはTVではなくDigaだけでもいけるのかなと思う今日この頃である。(SDHCメモリー対応しているし(笑))

TimeCode Moniter(マルチ・ライブ・カメラ対策)

アップロードファイル 316-2.jpg

モノになるか微妙だがマルチカメラのタイムコードモニターを考えている。(写真は作業途上で完成時には各画面にもタイムコードが入る)

FCPでマルチカメラを使う場合は圧倒的に同時複数カメラのライブ中継が多い。
マルチカメラの時間合わせの手法は
・録画開始時にフラッシュで合わせる。
・録画開始時に同じ電波時計を撮影する。

など様々な流派があるようであるが何れも撮影を開始したらライブが終わるまでに記録しっぱなしになる(笑

その映像をシーケンスに重ねて概ね気分でカット割りをしながら(他のシーケンスを削除しながら)仕上げると言う荒っぽい方法が一番速そうに見える。

ところが直しが発生した時に螺旋に陥るようなハマり方を経験した方が多いのではないかと思う。これを解決するために以前最高に9インのスイッチャーを試作したが直感的に編集出来るメリットはあったが直しが発生したらレンダリングをし直さなければならないので現実的に編集時間が増加するのが問題となってくる。
http://audience.studio-web.net/FxScript/Fx.cgi?mode=dir&dir=86

そこで初心に帰って(笑)ベースタイムと各画面のタイムベースを入れようかと改造を始めている。

最大10個のタイムコードが画面に現れベースタイムコードと最大9入力の各タイムコードの相対が動画を含めてハッキリする。

つまり過去のオフライン編集に匹敵するようなタイムコードの数値ベースで編集出来る環境もアリではないかと思ったわけである。

数値ベースでインやアウトの編集点がハッキリすると各自の流派に応じた編集が可能となるのではないかと言う発想だが・・・・

果たして(笑

マルチ画面表現の展開3(Multi Frame Maker)



どうやら完成したようだ。

過去にマルチ用のスクリプトは2つ書いている。最初に書いたトリプル・エクランはもっぱらDVの素材を横に3つの画面を並べた仕様でHDサイズの画面は部分的に利用したものだった。これはNTSC画面である640*480の横サイズを3面並べた時に640*3=1920という設計のし易いものでHDサイズも横にフルに使って縦は480なので2倍以上のアロアンスがあるという仕様である。
http://audience.studio-web.net/Triple.html

次に書いたのが24時間+だ。これは6入力のプリセット配置式のもので数値を選択する事で自動的に各面を配置する仕様になっている。テレビ映画24時間を観察すると使われる配置は大体決まっている。総計で200前後のセット配置を設定する事で手軽に表現を手に入れる事ができる狙いとなっている。放送を意識しているので初期仕様が85%のテレビフレームでデザインしている。
http://audience.studio-web.net/FxScript/Fx.cgi?mode=dir&dir=83

ホームのトップ画面にある3面マルチも次期バージョンとして新たに書き起こしをしている(試作に次期バージョンも、あったものではないが(笑))これは3面画面にDVだけ使うのでは使い勝手が著しく悪い訳でHDサイズ画面をトリミングして使えるように全面的に書き直している。
http://audience.studio-web.net/search/yellowpg.cgi
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=311

今回書いたMulti Frame Makerの特徴は
「動画入力が16まで拡大しスイッチ方式で追加出来るようにし計算スピードの負荷を生成画面のみで対応出来るようにしたこと。」
「16入力が独立してそれぞれ231面の設定ができるようにしたこと」
http://audience.studio-web.net/FrameMaker.html
2つのボーダー設定、再生スピードの設定、単色の動画に対する傾向色の設定、輪郭設定、独自の動画トリミング設定、フレーム枠の縦、横の大きさ設定、フレーム枠の縦、横の位置設定が基本仕様としてあり、更にそれぞれの透明度、全体の透明度、フレーム背景の単色等の設定が出来る。

デリバリーをどうしようかと思っていたら、またぞろBS放送(ヘンリー八世)で似たような表現を発見した。おぉ、これはいけるかなと思い取り説の制作にかかろうかと思っている。なおフレーム画面はフルフレームで設計している。

映像日記を主宰しているのでガンガン使っていこうかと思っている(下記は使用例)
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=63