記事一覧

Panasonic HMC-45 with Atomos Ninja


半年ぶりぐらいのアップになるか(笑
前回HMC-155の撮影環境を書いたが、今回はHMC-45+Ninjyaの使用環境が整ったのでちょっと語ってみたいと思う(笑)Hiな気分になったのは本日6月2日の夜中でちょいと一杯飲みながらフットサルの中継を見ながら書いているせいで拙的になにやら書いちゃえ書いちゃえという気分になっている(爆

Panasonic HMC-155 with Atomos Ninja
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi

前回のレポートではHMC-155の撮影環境を述べた。非常に拙的には満足して本年の2月に大阪にシステムを持ち込んで運用した。狙い通りの環境で狙い通りの画質や編集環境を実現したと思ったがちょっと問題が出て来た。

HMC-155+Ninja+Manfrotto 509HD,536K(雲台、カーボン三脚)のラインで決めてみたが、如何せん洛北の嵯峨野の山の中を三脚を担いで歩き回るのには、年を取りすぎていた(爆)肩パットにタオルに入れて歩き回ったが、ちょっとあと半日歩いたら死ぬかなというような環境だったのである(笑

しかしワシも年を取ったなぁ〜と清和天皇陵で考え込んでしまったのである。

そこで茨城に帰ってから考えた。基本的にNinjaから離れられない(笑)収録時にあれだけの帯域があるとカメラワークを行っても圧縮データーのようにボロつかない。FLVに変換する時に元々信号があるかないかでは変換特性が違うのである(下記映像)

上記の映像ではNinjaを使い思いっきり遊ばせてもらった。

ということで山の中を歩き回る機動性の良いシステムを考察してカメラヘッドと千円くらいの足を使いNinjyaを使うということで色特性も155との擦り合わせがよさそうな45を選んで撮影したのが上記の自転車の映像である。

んで、使用感を述べさせていただくと、これはプロでないと使いこなしができません(笑)お気をつけあそばせというが結論です。理由を以下に述べますが

1.基本的にダイナミックレンジが狭すぎるので画像バランスの管理が難しい
2.155と較べてCCDの面積が小さいのでデティールの管理が要求されます。

そんでもってリングを使ってZunow WHV-077を使いましたが周辺がきつかった(笑

よかったところは155との色合いが近かったのが助かったという苦しい結果となりました。しかし機動性は抜群にあがりました(笑)映像信号がどのように処理されているかという理解がないと使いこなす事が出来ないと言うのが拙の使用感でした。

クセのあるカメラでしたが、どこまでNinjaに頼るかがキーでしょう。