記事一覧

Panasonic HDC-SD100 1920/24P Trial


以前コラムでは1080/60Pの実験を行ってみたが、そういえば愛機のSD100にも24Pのモードがあったはずと思い出して実験を行ってみた。といっても作業環境はMacであるので中途の作業環境は人によってはワケワカメ状態になるのをお許し頂きたい。

24Pは重宝しているiAモードが使えない。ほぼコントラストの効いた普通のビデオカメラのような画面になってしまう。これはこれでいいのだが現場の撮影をiAを解除したオート撮影すると、流動する輝度の高い対象の影響をもろ受ける撮影仕様になってしまう。二世代近く前の撮影特性になってしまうのだ。

まぁ贅沢もいっていられないので取りあえず庭と近所の桜を24Pで撮って見た。結果は大画面を見ていただけばおわかりと思うが家庭用のカメラとしては ほぼ良好だとおもう(腐ってもプログレッシブなのだ(笑))てか、家庭用のカメラでFLVにした時にこの程度までいければWeb上で映像を使ったコンテンツ提供のモチベーションになる。拙的には感動ものなのである(多分にコスト対効果比があるが(笑))ちなみにどうしても周波数特性が高い絵を選んでしまう人の悪さはさておいて(笑

実験手順は(FCP6が編集環境である)
・SD100の24P仕様で撮影する
・FCP6の切り込みと転送で取り込む(自動的にApple Intermediate Codec)
・シーケンスにならべる(Apple Intermediate Codec設定されている)
・QuickTime (Apple Intermediate Codec)のフル画面で吐き出す
・On2 Flix Proでflv変換(1080P Hi-Definition(VP6-S FLV))フル画面で吐き出す
・YouTubeにアップロードする。

まえのコラムでも述べたが
秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347


取り込みから吐き出しまでのプロセスは同一コーディックが基本である。これはDVDを作る時も基本的には同じ考え方で作業をすることを お勧めしたい(経験上ではあるが)この実験の趣旨は24Pで上記のプロセスでYouTubeが認知するかどうかという実験だ。というのも上記の流れでもQuickTime のコンテナにはApple Intermediate Codec以外のコーディックの中には まれにエラーになるものもあるからだ。

最初からこのコツがわかっていればブログサイトの設計をYouTubeを基軸とした作り方をしていたのにという軽い後悔をしている(笑)ただこれだけのことだが使い込んでみないと理解出来ないのである。

次回はTouTubeを使ってみて感じたことを書いてみたい。