記事一覧

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2


このコラムは秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))の続きである。
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

さて前回はApple Intermediate Codecでなくても良いと吹いたが(笑)たまたまHDVのデーターがどこかに残っているはずなので探したら出て来た(単純にテープからアップするのがメンドかっただけだ。しかもHC-3で収録したもの)

こんどはHDVコーディックでQuickTimeを吐き出し変換をかけた。HDVの難しい所は原データーが1440*1080なので何もしないと1920*1440のFLVデーターが出来上がってしまう(並に痛い目に逢っているのだ(笑)) そこでレシオを入力ソースに固定しないで1920*1080と強制的にOn2 Flix Proで設定した。変換コーディックは1080P Hi-Definition(VP6-S FLV)である。出来上がったのが下の番地(デモ小画面は上)

札幌の風景の大型YouTube画面
http://www.youtube.com/watch?v=n5BHPJH6eJI&ftm=35

うまくHD画質に変換出来るかと危惧したが問題はないようである。拙は以前のコラムで家庭用カメラは静止フレームを好むと書いた。

家庭用カメラで手ブレ補正競争が熱くなる理由
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=343

実は静止映像はそのコーディックが、どの帯域を重視し、どの帯域を捨ててるか逆に推測しやすくなっている。今回久しぶりにHDVの動画を見たがAVCHDと同じように高い周波数はまずいようだ。メーカーからみれば値段を考えろ、値段を! といわれそうだが(笑

今回感じたのは、拙のようにWebで動画を見せることを指向している人種にとってはもはや最近売られている60〜70Kクラスのカメラで十分でないかという思いだ。むしろ問題は2つある。ひとつは2GDualの非力さと、ナレーションの問題だ。

CPUについては現在4コアのiMacで出て来ているので2年後に更新するならばムーアの法則に従い8コアの時代に突入しているだろうから現在の6倍は早くなる見当なのであせることはない(笑)その予兆として考えられるのは今回ITU-Tで規格もれした1080/60Pを中心とした3D用の家庭用のカメラだ。つまり8コアでは時代遅れなのだ。だから8コアは下にさがってくる(笑)

やはり問題はナレーションだろう。これを書きながら机の上に置いてある巡音ルカのパッケージを恨めしそうに見ている(笑

そろそろボーカロイドの挑戦をはじめるか、どうか、悩む。