記事一覧

TM700の1080/60PをMacで編集してみた



最近発売されたパナソニックの家庭用カメラTM700の評判は思ったよりいいようである。ビデオサロンの4月号発売前に静止画の比較をアップしているようだが編集部も驚いたと記述されている。(100万円以下のカメラで水面がここまで再現されているカメラは初めてかもしれない等と書いてある)
http://www.genkosha.com/vs/report/entry/tm700108060p.html

2チャンネルでも板が立ち上がっており、ぼちぼち撮影データーが公開されはじめたので処理してみた。最初に結論を述べると解像度は確かにいい。いわゆる「できる」という言葉がふさわしい、家庭用のカメラもついにここまで来たかという感慨がある。だが「使える」というインフラはまだまだ乏しい。できると使えるとは違うのだ(笑

拙的な表現を許してもらえるならば、現状は鰻屋の店先で鰻(うなぎ)の匂いを嗅いでいる切ない状況なのだ(爆)そこでこの実験ではPをiのQuickTimeに変換し編集するアプローチしかしていない。

さてデーターは2ちゃんで公開された善光寺の8秒弱のデーターを使用させていただいた。(使用のプロセスが著作権上問題があるかもしれないので、もし抗議をうけたら即、動画は削除します)
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/vcamera/1265951401/

データーはm2ts方式でFCPで直接読み込もうにも受け付けない
作業環境はiMac
OS 10.5.8
2GHz Intel Core 2 Duo メモリーは2G
FCPは6.0.6である。
(現在FCPは1080/60Pのコーデックは存在しない)

これではしかたがないのでMacでWindowXPを立ち上げた(拙の環境はVMware)Win上でTMPGEnc 4.0 XPRESS(4.5.2.255)を立ち上げ読み込んだら1920*1080 59.94fpsと認識する。(ちなみに1080/60Pの圧縮方式は独自と言うのみでPanaは公開していない)

そこでQuickTimeは2つのコーデックで出力してみた、フォトJPGとH264である(というかTMPGEncには現実的にこの2つしか選択肢はない、まぁ非圧縮と圧縮の比較ができるだろう的な実験しかできない)

そして2つのデーターをFCPに取り込みFLV(接続スピード700K)にしたのが上記の映像である。FCPのシーケンスはコーデックが混在しても受け付けるが最初に選んだクリップのコーディクが優先される。ただ、拙の場合はAVCHDの素材を編集する時は、これも仕様が定かではないApple Intermediate Codecを使用しているのでレンダリングし直した(おまじないみたいなものである、というか何故使うかという理由は相当長くなるので省略(笑))

データー容量と変換時間

元データー(8秒弱) 21.8M
H264への変換時間 5分40秒前後 容量 304.2M
フォトJPGへの変換時間 6分30秒前後 容量 859.9M
(読み込みも書き込みも同一HDを使用しているのでHDが別だったら変換時間は1/2の時間になる可能性がある)
ちなみにFLV(384*215)の大きさは1.7M(笑

2つのデーターを並べた(16秒弱)FCPのApple Intermediate Codecの変換時間は2〜3分程度でシーケンスは1920*1080i HDTVと認識している(厳密に言うとこのiが問題なのかもしれないが(笑)最初に記述したようにこのようなアプローチしかできなかった)

シーケンス上の映像を見る限りはフォトJPGの色に深みがあるように感じられたが、データー量が違うと再現性が異なるということだろう。

FCPを使用されている方は上記の容量と変換時間で作業環境を推察することが可能だと思う。本格的に使うには4coreとメモリーがもっと必要であるということだ。用途的にWebでの発表を384*215サイズで行っている拙にはこれだけの革命的な変化もさほど影響をうけないが(笑)、もっと大きなサイズで勝負している方には影響が甚大だと思われる。

特にブルーレイなどの納品をAVCHDの業務用機で作成されている方は足元をすくわれかねないポテンシャルがあると見ている(インフラが整えばの話だが)俺の画像の方がイイゼェ等と言われたら疲れるかも(爆

現段階は鰻の匂い程度で話をすましているが何と言うか凄いことになってきたなぁと思う(笑)なにかしら4coreのiMacを意識し出した(爆

SD100(νmaicoviconの挑戦は終わったのか?) 1
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=336

SD100(フォーカスや手ブレ補正の仕様) 2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=337

SD100(TM700の発表) 3
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=338

SD100(TM700にみる現在のカメラシステム・デザイン) 4
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=339

家庭用カメラで手ブレ補正競争が熱くなる理由
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=343

3D再生装置の跳梁
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=341

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347