記事一覧

SD100(TM700にみる現在のカメラシステム・デザイン) 4

さてiA機能である。SD100で提案されたiAシステムの超進化系であるTM700をみると2年近く経過しているので機能的に相当進化している(あたりまえである)

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn100210-1/jn100210-1.html

ところがiAシステムは従来のビデオカメラと根本的に異なる設計思想で構築されていると言っても過言ではないと感じた。その理由を従来型との対比でみると先進性が浮き上がってくる。その例として従来型の信号処理系を考えてみたい。

1.レンズを通して撮像素子に像を結ぶ
2.撮像素子の電気量の強弱をプリアンプで増幅する
3.プロセスアンプでガンマーやニー、クリップ、輪郭などをRGB各チャンネルを処理する。
4.その出力をエンコードする。

原理的にいうと映像信号はこのように直線的に処理されている。このような信号の流れは新たな機能が出現すると各プロセスの途中でぶら下がり的に機能が追加されてきたというのが従来型の特徴であった。

ところがSD100で提案されたのは、その膨れ上がった機能全般にわたってLSIで制御する、魔法のような(笑)仕様に変化している。具体的にいうと
1.明るさ、コントラスト、顔の面積や位置情報を検出し
2.ズームとフォーカスの位置情報から被写体深度を推定し
3.撮影シーンを判別し
4.フォーカス、ホワイトを決定し
5.画質制御方法を決定する

これは専用コンピューターを使いリアルタイムで同時並列的に信号を制御する革命的な処理方法に進化している。まさにバカチョンの究極的なシステムとなっているのだ。これにより高速、高精度のシーン判別や低照度、逆光、過度順光などの撮影環境にも自動的に対応出来たと豪語している(笑)恐らく従来型のアルゴリズムだと上記の撮影条件では齟齬をきたすのは容易に想像出来る。

完全ではないが確かにiAはツカエル(笑)というのが1年間使い込んだ拙の感想である。このシステムの凄い点はソフトウェアー累積型の進化というのがミソだろう。つまりノウハウが死なないばかりか機能により進化した形で新製品に付加される循環が見える。

撮像素子や記録デバイスが進化しても制御システムに根本的な変更リスクはありえないとの考えからであろう。実に頭のいい進化を家庭用は遂げていると言うのが拙の思いだ。

まぁ、機動性を生かして休日に一人でしか撮影出来ない孤独な(笑)趣味を愛好する貴方にはTM700は絶好のパートナーになるとおもう。と、拙はお薦めするのだが(笑

オモチャというのには凄すぎると思うのは拙だけかなw