記事一覧

直感検索と時間軸検索



拙が主宰している「常陸太田ハイビジョン日記」が昨年の末に100コラムを超えた(動画は1秒刻みで100本上映(笑))

コラム制作の狙いは以下で
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=100

ブログ形式を採用しているのでコラム数が増えるとカテゴリーや題名しか痕跡が残らないというのがブログの良い点でもあり欠点でもある。つまり

・コラムはテキストベースとして保存される
・それは外部や内部の検索キーワードでアクセスされる。

ところがほとんどの人は題名等を見てコラムを見ようとするだろう。そこで2〜3ヶ月のうちの動きを画像を使って直感的に見てもらおうと作ったのが映像日記ギャラリーだ。

映像日記ギャラリー
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/album/album.cgi

アクセス記録を見ると毎日巡回するヘビー・ユーザーは別にして週1回みる程度の方は徐々に利用数が上がっているようだ。実はこのシステムは現在、世界中の検索エンジンが実験しようとしている映像検索エンジンの雛形に近い物である。つまりJAVAなどを使ってコマ数を大きくし立体的に奥行きをつけて中の画像が動くというのが世界中で試作されている動画検索エンジンの流れである。

勢いをつけて(笑)もうひとつの検索エンジンに挑戦してみた。ハイビジョン日記の歴史映像年表である。

ハイビジョン日記の歴史映像年表
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/history/nenpyo.cgi

思えばエラいものに手をつけてしまったなぁ〜との思いが強い(爆)この年表の狙いをブログで述べているので転載する。

基本は西暦1年から西暦2010年までの時間軸を対象とした。
・基本フレームはWikipediaの出来事を拾う
・出来事から茨城関連をマーキングする。
・その年表に常陸太田市史、金砂郷村史(平成1年度のため)、水府村史、里美村史、周辺市町村史、世界史、常陸太田市史制作で使用されたらしい茨城新聞社の明治から昭和にかけての見出し、筆者の妄想史観(笑)のマーキングができる仕様。
・年代やキーワードによる検索を可能とする。
・動画、画像、マップのサービスがフック出来る。
・出来事をグーグルで検索できる。
・出来事の概要を説明できること。
・フォームが完成したら定型化の作業で追加ができること。
大体、以上の考えでトライアル・バージョンを作ってみた。

撮影対象の時代的な認識の上で動画を見ることが出来るかもしれないという考えだ。ただ欠点は完成に手間がかかる点(笑)と史観に左右されないためにWikipediaの出来事に逃げている点である。妄想系の史観は拙ので十分だと言う考えだ(爆

現在実験している地方映像の動画発信の実験は、もはやYouTube等の動画サイトや大手検索エンジンでの情報量の幾何級数的な増加では地方情報を効率的に発信する事が難しいとの考え方にたっている(雑音が多すぎるのだ)

これは地方情報をあらゆる情報と置き換えても問題は同じだろう。つまり映像日記の目的は映像情報を体系化し集積化し囲い込むと言う目的である。それは大手検索エンジンからHPにアクセスする動作と、どう違うのかと言う疑問に思う人がいるだろう。

映像を体系化すると数珠つなぎにアクセスする傾向が高い。
つまり効率的な情報提供の一つの方法論なのである。

人間は表情がないと興味が湧かないのだろうかという仮説が拙的に生まれるほど従来のアクセス率と異なる傾向を示している。

映像情報発信の実験は続く(笑