記事一覧

「だらだら祭り」のPDFリンク版が完成(ワイドレンズアダプター考)

アップロードファイル 321-1.jpg

ハイビジョン映像日記の「だらだら祭り」のPDFリンク版が完成した。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/pdf/Daradaramap.pdf

狙ってみたかったのはディスクトップ上に置かれた数百Kサイズの地図(PDF)をクリックする事でネット上の動画にハイパーリンクするお手軽さで、ネットでこのサイトに遭遇した方が北関東の田舎町の1ケ月間に渡る町内の氏神的な町内神社のヨマチ(夜祭)を20ヶ所以上楽しめると言う趣向である。(上記のアドレスのPDFは貴方のディスクトップにダウンロード出来る)

一応、市営温泉までリンクしているので見終わった後に温泉の映像も見る事ができる(爆)

祭り全体の解説は
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=47

マジで全神社を通しで見ると32分弱あるので、暇な時に神社名をクリックして見るのをお勧めする。ハイビジョン日記の番組は時間的にBSニュースの長さである1〜2分以内の長さでほとんど構成している。(特集物は例外)といっても20ヵ所以上あると30分以上になってしまうわけだ。

と、ここまでは映像日記のコメントと同じである(笑

今回のシリーズで一番困った事は純正のワイドレンズ・アダプター(20K以上する)が意味をなさなかったことであった。土管から覗いているような丸状のケラレがでるのである。液晶のモニターはTVサイズ再生になっているのでFLVでネット上で再生するとモロにケラレが出てしまう。正直、業務用や放送用のナローサイズがうらやましく思った(笑)もっともケラレがわかっても引きが足りなくなるシーンがほとんどだ。

そこで、あきらめてネットオークションで購入した4K未満の中国製のワイドアダプターを使用した(爆
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=45

安いレンズの特徴は
・周辺の解像度がパサラになる
・全体の照度が落ちると全体の解像度が落ちる(笑
・周辺のディストーションがエグイ(笑

ノーマルレンズでも付属のライカのレンズを使っていて凄いなどというつもりはさらさらないが仕様として中心の解像度がともかく良いので注目していない周辺が普通でも分かりにくいという奇妙な特性が気に入っている(笑

この傾向のおかげでAVCHDのコーディックをサポートするブルーレイに抜群の相性をしめすわけだ。

話を撮影に戻すと上記のような安いレンズの特性のため
・明るい環境でFを絞り込むような感覚で撮影する。
・まめにワイドレンズを外して標準レンズを使う。
ことで編集で見た目の解像度を上げ平均的な視聴感を保つしかない。苦労するのである(笑

ところが周辺のディストーションは如何ともしがたい。まぁ歪みを迫力と解釈して押し切るしかないわけである。土管を覗くように見えるよりマシと言う感覚である。またアダプターは周囲が暗くなると寒い(笑)解像度がボロつくのである(何回笑った事か)

このように家庭用は定格を維持するようにみせるのにエライ苦労する。まぁ価格が価格なので割り切っているがメーカーのオプションでケラレが出る20K前後のレンズを商品ラインに載せるのはマジでやめたほうがいいと思った。

てか、業務用や放送用でもマジな広角レンズとか広角アダプターは最近あるのかしら?? なかったら笑うぜぃww

上記のシリーズはDVDとブルーレイの2種類を作ったが圧倒的にブルーレイの画質が良い(それはそうだろう、AVCHDはブルーレイのサポート・コーディックだから相性がいいはずだ)ということで流通媒体も正に過渡期なのだがこの不況でブルーレイの浸透は遅くなるのかもしれない。もっとも地上波がなくなればノーチョイスだが、それまでは辛抱というところだろう。

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347