記事一覧

マルチ画面表現の展開3(Multi Frame Maker)



どうやら完成したようだ。

過去にマルチ用のスクリプトは2つ書いている。最初に書いたトリプル・エクランはもっぱらDVの素材を横に3つの画面を並べた仕様でHDサイズの画面は部分的に利用したものだった。これはNTSC画面である640*480の横サイズを3面並べた時に640*3=1920という設計のし易いものでHDサイズも横にフルに使って縦は480なので2倍以上のアロアンスがあるという仕様である。
http://audience.studio-web.net/Triple.html

次に書いたのが24時間+だ。これは6入力のプリセット配置式のもので数値を選択する事で自動的に各面を配置する仕様になっている。テレビ映画24時間を観察すると使われる配置は大体決まっている。総計で200前後のセット配置を設定する事で手軽に表現を手に入れる事ができる狙いとなっている。放送を意識しているので初期仕様が85%のテレビフレームでデザインしている。
http://audience.studio-web.net/FxScript/Fx.cgi?mode=dir&dir=83

ホームのトップ画面にある3面マルチも次期バージョンとして新たに書き起こしをしている(試作に次期バージョンも、あったものではないが(笑))これは3面画面にDVだけ使うのでは使い勝手が著しく悪い訳でHDサイズ画面をトリミングして使えるように全面的に書き直している。
http://audience.studio-web.net/search/yellowpg.cgi
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=311

今回書いたMulti Frame Makerの特徴は
「動画入力が16まで拡大しスイッチ方式で追加出来るようにし計算スピードの負荷を生成画面のみで対応出来るようにしたこと。」
「16入力が独立してそれぞれ231面の設定ができるようにしたこと」
http://audience.studio-web.net/FrameMaker.html
2つのボーダー設定、再生スピードの設定、単色の動画に対する傾向色の設定、輪郭設定、独自の動画トリミング設定、フレーム枠の縦、横の大きさ設定、フレーム枠の縦、横の位置設定が基本仕様としてあり、更にそれぞれの透明度、全体の透明度、フレーム背景の単色等の設定が出来る。

デリバリーをどうしようかと思っていたら、またぞろBS放送(ヘンリー八世)で似たような表現を発見した。おぉ、これはいけるかなと思い取り説の制作にかかろうかと思っている。なおフレーム画面はフルフレームで設計している。

映像日記を主宰しているのでガンガン使っていこうかと思っている(下記は使用例)
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=63