記事一覧

マルチ画面表現の展開2



スクリプトの行数が多いのでだらだら作っていては効率が落ちると思い一気に書き上げた。結果的に35000行台になった。これだけの行数になると将来的にメンテナンスが困難になるため作成の1/3はメンテを考察した作業になった。

下敷きとなったスクリプトは24時間+であったがプリセットの使用方法が根本的に異なる。1面から16面の窓を作成する場合は窓の総計が230近くになる。このスクリプトは1〜16入力の動画に対してそれぞれ独立した230の窓設定が出来る。

だから単純に考えると230の16累乗のパターンの組み合わせがある。これだけあれば本来の目的であるコミック面割りに近い設計ができるはずだ。
http://audience.studio-web.net/FrameMaker.html

上記のサンプル画面は後半に3カット程マルチ画面を入れてみた。アレキサンダーの法則のように画面のどこの位置にどのような感情があるかのような感受性は拙には持ち合わせていないが、この効果を使いこなすにはそれなりの慣れが必要なのだろうと思った。

言い訳ではないがビデオ編集は1カット勝負で画面転換を行う習慣が染み付いているのでコミック作家のように分割画面で構成していくという日常ではないからだ(笑)ポリシーを獲得するためにまた勉強ということになる(笑

Web用のFLV画面で再生されるのを意識した画角で開発しているため安全フレームやスーパー安全フレームを気にしなくて良かったのが気楽と言えば気楽だった。しばらく使い込んで位置関係のバグを洗い出してみようと思っている。

まぁ、拙的にはまた新たな表現方法をハンドリング出来たというところでこれを商品化するのは微妙だ。(売れるのかね、これ(爆))

ちなみに一つ課題ができた。縮小画面を多用するためにプログレッシブ撮影である24Pが画面的にいいのかなという気になる思いである。こんど実験してみよう。

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347