記事一覧

Private VideoMail ver. You Tube



You Tubeという大衆動画配信システムがある(知らない人は化石だ(笑)
http://www.youtube.com/

橋本知事率いる大阪府の広報がYou Tube(ユーチューブ)を積極的に利用を始めたのを機にスクリプトを書き上げた。
http://audience.studio-web.net/private2.html

You Tubeの動画をビデオメール形式で送る装置である。

ビデオメールは10年前より手がけている。当時の狙いは販売促進に利用出来ないかというものだったがその時代は色々制約がありすぎた。

・通信経費が馬鹿にならなかった(当時は電話接続が多かった)
・回線スピードが遅かった(ISDNですら128Kである)
・CGIスクリプトを扱えるサーバーが少なかった
・大容量の動画データーをアップロード出来るサーバーが存在しなかった
・酷いのになるとストリーミングのアクセス中に遮断された(笑
そのためしょっちゅうサーバーの管理者と揉めた。
その時代の残照がPrivate VideoMailである。
http://audience.studio-web.net/private.html

完全に時代遅れになっている(モニュメントにしょう(笑)

今ではいい思い出だがその当時には光接続の世帯数がADSLより多いとかYou Tubeというビジネス・モデルが成立するなど正直言って想像すらできなかった。この10年で動画通信環境が激変したのがわかる。

様々な業界の聴視者参加型プロモーション装置を研究しているがYou Tubeを使った展開を模索できるようになった。動画データーを固定化すればファンが勝手に宣伝してくれると言う仕組みだ。

これは常陸太田ハイビジョン映像日記で実験中だ(YouTubeではない)
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi

検索型のプライベートYou Tubeビデオメールも構想してるがまったり書いて行きたい(笑)