記事一覧

頻度の高いBSドキュメンタリー効果をScriptで書く



最近のBSドキュメンタリーを見ているとこれでもかと言うほど使われている効果がある。あまりに使われ過ぎているので自分の感覚がずれたのかとあせって書いたのがこの効果だ(笑)前半の2カットは通常画角で後半の2カットが縮小画角だ。

背景がボケていて多少拡大しており窓の中に絵があると言うアレである。

仕様として
窓の位置をXY軸で設定出来る
背景のボケは可変のソフトフォーカス
背景の拡大は2倍まで(縮小は0〜100%)
窓の中は通常の画角と縮小の選択が出来る
通常画角の場合は縦横の画角を独立して動くが縮小は出来ない
背景動画は単色系の色に変化する事ができる
縦横のスリットを色、幅、スリット数、透明度を設定出来る
ボーダーと色を設定出来る。

スクリプトは一気に書き上げる事ができたが条件式につまずきなんだかんだで5時間ぐらいかかってしまった。速度系の効果をいれるかどうかは今の頭の状態では決定出来ない(笑)ので1週間くらい推敲する事にした。

でも、この効果の頻度は最近多いが何の意味があるのだろう(爆
時にはテレビを見て悩めと言う啓示かもしれない(笑