記事一覧

Macで簡単に作るブルー・レイ 2(AVCHDとQuickTime変換)



画面は家庭用カメラ・スタビライザーを使った参考動画(つまりは記事と無関係w)

さて前回は簡単に作れると吹いた(笑)ブルー・レイを作るまでの実験過程と思考過程を述べてみる。(私見が多く入るので批判的な角度を忘れないで見て欲しい)

AVCHDは2006年5月に松下電器産業(現:パナソニック)とソニーが基本仕様を策定したハイビジョン動画記録フォーマットである。その規格は国際規格ではなく規格の策定も比較的新しい。策定時期から推測するとHD-DVD陣営に対するBlu-ray Disc陣営の撮影系のカウンター技術ではなかったかと思わせる。

拙が惹かれた理由は2つある。
PanaではSDHC(class6)を録画媒体としており。USBベースでの転送・保管が楽だったためである。従来のFireWineベースの取り込みはリアルタイムで時間がかかる上、撮影素材全部を保管するとしたら以下の問題があった。
1.テープ保管だと保管場所の管理が難しく再撮影が出来るにもかかわらずそのまま保管することが多くコストが気になった事、更に新たに必要映像を引っ張り出すためのメンドくささや、そのまま取り込んだら1本の巨大なデーターとなりシーン毎に切り取らないと使い易いデーターの大きさにならないこと、取り込みにはリアルタイムが必要であった。要するにテープベース撮影は完全に時代遅れになったという事である。

ドロップアウトやテープの経年変化のワカメ化によるドリフトやジッターなどの脅威にもメモリー方式のために無縁と言うことになる。(フラッシュ・メモリーのため数百回の使用後にどうなるかは解らない(笑)

USBからHDにコピーするときの注意点は適当な名前のフォルダーをつくり中に3つのホルダーをそっくりコピーしたほうがいいということだ。

2.FCP6でネイティブ対応となったこと。
SDHC(class6)からデーターを全部HDに転送してからFCPを立ち上げ切り出しと転送をするのが一般的だろう。転送時に自動的にQuickTime(Apple Intermediate Codec)に変更される。それをシーケンスに置くとシーケンスも自動的にApple Intermediate Codecに変更される。

QuickTimeは引っ越し用のコンテナに例えらることが多い。映像と言う荷物の積み方の違いをCodecと思えば解り易い。QuickTimeは普遍性をもったコンテナに見えるが編集ソフトによってはCodecの違いによって読めないものも出てくる。Apple Intermediate CodecはWindowsではお呼びでないせいもある(笑)

可逆性が売りのAVCHDもFCP6ではApple Intermediate Codecに変換されるのが基本仕様になっている。逆に言うと家庭用のカメラで撮影したデーターの限界ということだろう。そこでFCP6より15秒のクリップを各Codecで変換してみた。(すでにApple Intermediate Codecでシーケンス上に置かれてるクリップを他のCodecで出力してもApple Intermediate Codec以上の画質になるわけがないが容量の変化を見るための実験である)

Apple Intermediate Codec  261.4MB
Apple ProRess 422 Codec 256.1MB
Apple ProRess422(PRO) Codec 382.9MB
H.264 Codec 300.7MB
非圧縮8ビット 4:2:2  1.69 GB
非圧縮10ビット 4:2:2  2.25GB

繰り返して言うがApple Intermediate Codecのデーターを非圧縮10ビットに変換しても画質の向上はない(ある訳がない(笑))だが高画質系のあたりはつくと思う。放送、業務用P規格のAVCHDのCodecであるProRessがどの辺にいるのか雰囲気がわかるだろう。動作が不安定だったのはH.264変換をかけた場合だった。(元々H264にH264で変換するのだから動画動作が不自然になるのかなと思った)

結論として家庭用AVCHDのFCP外部出力QuickTimeはApple Intermediate Codecが編集用にもブレー・レイを作るにも最適と言う話になる。問題はApple Intermediate Codecの規格が正式に公開されていないことだ。このCodecは記憶によるとHDVが登場してからだった。当時は1440pixelしか対応していなかったと思っていたが1920*1080の画角をカバーしている。QuikTimeのインスペクタを見てもデーターレートが104.79メガビット秒等と表示されている(ホンマでっかいな(笑)旧来のレート換算だったら 1:2 でっせぇ〜〜w)HDVの4倍以上あるのだ。ただしFCPのインスペクターでは20M代という常識的なレートで出てくる(笑

可逆圧縮理論の期待がもろに膨らむ結果なのだ。可逆圧縮は俗に展開したあとのデーターは圧縮前のデーターと等しくなると言うコーディックである。これをリアルタイムで再展開するハード技術も凄いと思うが再展開前のAVCHDのデーターレートは100メガビット以上ということはレート的にはHDVの4倍以上あるということになる。つまりAVCHDデーターとは再展開が可能なマトリックス・データーなのかという解釈になる。が、FCPの表示を見る限りよくワカラン(笑

一つだけ言えるのは拙はもっぱらネット上のフラッシュやPDFを意識した指向をしていたがブルー・レイの作業分野が増えたということだろう。では放送用の指向はということを考えると茨城には民放がなかったという答えに尽きるだろう(爆

まぁベーシック・テーマが家庭用カメラの拡張だから良しとするか..........

実際に機器を使ったブルーレイ製作は
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=296

ブルーレイとAVCHD方式のユーティリティー(Macでの編集)
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=320