記事一覧

K-DVD MAKER2を買ってみた。

アップロードファイル 284-1.jpg

最近日本ビクターがVHSの生産を終了したとのアナウンスに感慨にふける暇もなくVHSをDVDにしてくれと親戚縁者からの依頼が多くなった。

TV録画といっても当人がたまたまTVに出たり慶事や旅行等の記録は廃棄するのに忍びないようだ。といっても元が家庭用の規格なのでマジにやっても疲れる(笑)そこで最近流行のUSBから電源をもらってチャプターするタイプのK-DVD MAKER2を買ってみた。
http://www.keian.co.jp/

実勢は4500円前後のようで送料を入れても5000円は切る。

この手の製品はWinしか動かない事が多いので注意が必要だが案の定Macではチャプターしかできない。拙はインテルMac(iMac)に主要な作業を移行中でなおかつWin対応しているので大きな抑圧はなかったが従来のPowerPcでは難しかっただろう。

魅力だったのはPowerDirector、PowerProducerが付属していることだ。

• DVカメラからDVD やBlu-ray ディスクにビデオを直接書き込む
• HDV カメラからBlu-ray ディスクにビデオを直接書き込む
• TVからDVD やBlu-ray ディスクにビデオを直接書き込む
• PCウェブカメラからDVD やBlu-ray ディスクにビデオを直接書き込む
• VCRからDVD やBlu-ray ディスクにビデオを直接書き込む
• インターネット上のYouTube(R)にアップロードできるetc,etc

まぁVHS以外にしばらく遊ぶ事が出来そうな気配なのだ(笑

さきほど出荷のアナウンスが販売店から届いたので到着したら早速実験してみることにする。まぁ値段が値段の台湾のメーカーなので大きな期待はしていないがHDVをハンドリングできるとすればおもしろいだろう。

VHSをDVDにする実験は
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=298