記事一覧

リアル住所の移転 4

ようやく明日の夕方には塗装屋さんとの打ち合わせが出来る。

今週中には外見の作業が終了する予定だ。ただしあくまで外見だ(笑)実は内部もあらかた終了しているがこれから本棚の製作に入る段取りを進めている。そのため室内は本が入った段ボールでいっぱいとなっている。

約二間半の長さの本棚を製作する予定であり、棚が出来上がっては本を収納し棚の完成と同時に数十箱の段ボールが無くなると言う虫のいい考え方で計画を進行させている。当初の予定では本棚を既製品で賄う予定だったがこれだけの容積ともなるととんでもない金額になることが判明し1/3程度の材料代で収まる自作と言う悲しい結論となってしまった(笑)それでも材料代だけで10万近くかかるのだ。痛い...痛すぎる(爆

といっても手を抜く訳にもいかず、ホゾを切って面取りして塗料を塗り組み立てて行くので、ざっと10日から2週間の工数を覚悟している。まぁ既製品の予算よりはマシと考えなければやってられないわけだが(笑

断熱や屋外・屋内のシーリングを病的に対応したため気密性が上がっており換気扇を回すと掃き出しのサッシが振動し始める。気圧が低くなるので空気を無理矢理取り込もうとしているからだ。そのためといっては何だが完全な密閉を施すのは止めにした。酸素がなくなるということはないだろうがキモイからだ(笑

また仕様変更も必要となってきている。雑品などの収納スペースが存外必要であるのが判明しベッドを60cmくらいふかして収納ケースを6箱くらい入れる予定だ。当初は90cmくらい上げようかと思ったが横になって寝る位置が窓より上がったり、身体が落ちたりしたら痛いぐらいでは済まなくなると思ったからだ(笑

こんな事ばかりしていられないのだが多分勢いで掃き出し口からのウッド・デッキまで作ってしまうことになるだろう(爆)ちょっと吹いてしまったがあいもかわらずのマッタリ・ベースで進めている。

余談になるが屋内の壁はコンパネ打ちっぱなしの仕様にしている。通常だと石膏ボードにクロスを貼るのが一般的で予算も数分の一で済むし仕上がりも綺麗に上がるのだが、コンパネでやってみたかったのだ(インパクトを打つ快感も味わえるし(笑))ところが仕上がりを見た妻が壁はベニアで終わりなの?ときた(爆)よく見ろよ!ちゃんと面取りもしてるし単板じゃないぞと叫びたくなったが............泣いた(笑

たしかにベニアではあるが実に辛い指摘だった(笑