記事一覧

量子力学上の光の振る舞い9 量子コンピューターのメタ理論

ここまでくれば、もうSFである。

拙は以前に可視光線がVHFやUHFの帯域であったら科学理論を中心に人間の生活様式は大きく様変わりしていたのではないかと述べた事がある。その理由としてこれぐらいの波長になると電磁波が反射して回り込むんで来るという性質を帯びるために壁の裏側とかビルの各部屋の中が見えてしまうからである。

VHFやUHFの帯域を人間の脳が可視光線としてみる事ができれば視認範囲が大きく広がる。だが、この現象と量子力学における電子の観測には大きく異なるものが存在している。VHFやUHFの帯域の電磁波の動きは我々の生活空間である3次元領域を移動しているが電子は虚数を取り込む事でしか確率的な移動範囲を推定することができない。

移動する空間の定義が異なっているのではないかと疑問があるが同じだ(笑

物体として集合した物の動きは拙らのリアル生活空間で体験的に理解できるが拙らを構成してる原子レベル内での電子(電磁波)は全く不確定な動きをし、もはやその動きを特定する事は無理だという不確定性原理が立証されている。

不思議な世界なのだ(笑

これでは宇宙空間は多次元化しており人間の認識領域がその空間の3次元領域だけをフォローしているとしか思わないと確率的断続的に瞬間移動している電子の動きを説明することができないのではないかというのが拙の感触だ。

20世紀は空間の多次元を前提として宇宙の形状や力の存在を意欲的に解き明かす様々な仮説が登場したエキサイトな世紀だったが数式で説明される多次元が視覚的に理解できないのが多次元を説明する上で最大の問題であると思う。だが3次元しか理解できない脳ではしょうがない所なのだろう(笑

量子物理学では物体の動きを推測する2つの極端な考え方が生まれている。

観測するまで電子の位置が特定できないのであれば観測しない段階ではなんでもありぃ〜という考え方である。これは極端に言うと宇宙は観測するから存在するのであるという話になる(爆)

もう一つは確率論的に宇宙が枝分かれして多次元化して行くとの考えである。

この段階になってようやく拙らのような人間には理解が出来なくなってくる(爆)量子コンピューターはこの多次元化された空間域を使って並列計算させることで驚異的な計算速度を目指すものである。つまり多次元空間を前提としているのだ。

マジですかというのが拙の正直な感想だ(爆)

ここまでが20世紀の中盤までの流れだが後半になると光と大きくかけ離れた理論が続々と登場し始めるのでここで一旦筆を置く。