記事一覧

声の職人男性版(せいじさん)


以前に、声の職人女性版の記事を書いた。
Ediusの声の職人をMacで挑戦してみた。
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=350

これが相当重宝したので味をしめて男性版の音源である「せいじ」さんを、購入して使ってみた。産業物や歴史物には、どうしても重みが出て来ない感じがしたからであった。

意外と使える(笑

例によって調教に時間を要したが、あかりさんより調整が楽だった。参考になるかどうかは自己責任で判断してもらう事にして、拙の調教値(笑)を公開してみる。

試行錯誤の末に以下の要領で確定している。
EDIUS Neo 2 Boosterでの音声調整はデフォルトでOK
出力はAIFFでファイルを吐き出し(ここまではWindowsの作業)
FCPの音声チャンネルに貼付ける
音声の通常の出力値は-3db程度(好みでどうぞ)
そしてFCP付属の3バンド・イコライザーで
100HZを+5db
2000HZを+10db
5000HZを+15db

以上の設定が上記のコラム映像の音声である。

EDIUS Neo 2 Boosterでのコツは、文節間のスペースの取り方や発音のニュアンスが取りにくい場合は、当て字として別の漢字を入れて調節するなどの煩わしさがLight版にはあるが、要は慣れであると思う。上記の音声はナレーターをベースとして音楽の強弱を設定する事で調整している。

半年程度使い込んでみて、Pro版にバージョンアップする予定だ。これは単語の一音ごとの発声強弱設定や設定後に辞書として登録出来る利便性があり、アナウンス発音辞典が側にあれば、時間の経過とともに登録数が増え細かい直しの頻度が飛躍的に下がる事が見込める。また音源の商業使用が許可となる。(拙のハイビジョン日記は非商用サイトなので問題はない)

一般的に自分の書く台本は、一定の傾向で使われる文言の頻度が多いためにニュアンスの調整等も自動的に辞書から発音を抜き出してくれる機能はありがたいと思う。また、産業物での専門用語などのニュアンスも辞書化してしまえば時間の経緯とともに編集効率が飛躍的に高まることが期待出来る。

本来ならば、数十万円のパッケージを購入しなければ出来なかった機能が数万円で可能となるEDIUSの提案には感謝したい。たまたま、個人用の映像ブログで公開しているが、商業用で考えるならば反復用のCD製作等、応用が多いシステムなので興味のあるかたはアプローチしてみても損はないだろう(笑

デジタルの進化は、時には奇跡と思われる現象が出現するのを痛感した。

試作映像日記MAP2(Macでカシミール3D)



アップロードファイル 303-2.jpg

次はおよそ考えられないアプローチをしてみた。

WinアプリケーションをWindowsを使わないでインテルMacアプリケーションとして動くCrossOverを使ってみた。
http://www.netjapan.co.jp/r/download/mac/com_7.php

1ヶ月の使用期間があるので余裕を持って検証してきたが完動率は少ない(笑)これはハズレかなと思っていたところ2つがヒットした。
カシミール3DとImageLayoutだ。

カシミール3D
http://www.kashmir3d.com/

ImageLayout
http://crest3.bona.jp/

いずれもバーチャル環境(VMWare)では完璧に走るがMacのアプリケーションとして走るのも魅力だ。だが購入の決め手になったのはCrossOver Mac 7 Pro + VOCALOID2 巡音ルカというバージョンがあったからだ。(巡音ルカの凄さについては次のコラムで)もしかしてGarageBandにフックして遊べるかもしれない。(簡単な英語語源発生器としてもつかえるかもしれないのだ)

カシミールの動作を完全に検証していないので完動しているとは言い切れないが狙っていたカシミールの動作は問題なかった。

1.国土地理院の地図画像を数値地図50mメッシュにマッピング。
これで何が変わるかと言うと地図に凹凸感が出てくる。

2.これをPictureFlexHDプラグを使ってFCPで空撮の雰囲気を出す。

カシミールから出てくる立体マップの大きさは3070pix * 2540pixである(選択範囲Maxで出力)これを720*600に縮小したのがデモ映像の下にある画像だ。大きさは3070*2540pixelの大きさにある。この大きさだと1920*1080のハイビジョンサイズであり縦の動きには十分アロアンスがありそうに見える。

ところがメッシュの大きさは画像を見てみると範囲がかなり大きい。狙いは赤い線の内側を重点的に見る場合は拡大をプラグで行わなければならない。

ネット上でマッピングしている静止画像を散見するが狙いの場所をトリミングした場合、jpegベースでは拡大のために形状の雰囲気は伝わるが文字等は崩壊寸前になっている事が多い。

FCPでの作業でも危惧したが漢字崩壊までには至っていない。もっとも出力の大きさはカスタム変更ができるので崩壊の心配はないかもしれない。

PictureFlexHDの基本動作は以下で確認して欲しい
http://audience.studio-web.net/FxScript/Fx.cgi?mode=dir&dir=5


映像的には1枚の立体地図から空撮もどきの新しい表現をモノにしたかなぁと拙は思っている。なにより文字付きの空撮風の表現が出来るのだ(笑

三大都市圏で国土地理院は10mメッシュの提供も行っているが、これ等は立体感のキメの細かさ(解像度)が5倍以上あがるので形状の効果も更に期待出来る。

意外と悪くない結果が出たので1年間使い込んで最適化を探ってみようかと思っている。課題として鳥瞰図や標高の色をリアル化できないかとか、グーグル等の航空写真をマッピングするというものである。

ちなみMacでカシミールを検討されている方がいるとしたら多少予算ははるがVMWare+Windowsをお勧めする。Win上のほとんどのソフトが走るからだ。インテルMac上と言う制約はある。(一番安いのは付属のBootCampを使いWindowsだけ購入すると言う手もある)このようにWin環境のアクセスの選択肢は広がっているのだ。となるとWinだけではなく、どれだけ異種のOSが対応出来るかが考慮の対象となろう。WinだけがOSではないからだ。

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347

試作映像日記MAP(国土地理院のデーターを使ってみた)

アップロードファイル 302-1.jpg

今回は少し毛色の変わった実験をしてみた。

PDFをサーバーにアップしたらブラウザーでアクセスする事が出来る。これはAdobe Readerをインストールする時にネット上のPDFを読み込み出来るプラグがブラウザーにフックされるからだ。
http://www.adobe.com/jp/downloads/

そこで拙は実験的にPDF研究の2つのコンテンツを立ち上げている
辺境文庫
http://audience.studio-web.net/bunko/navi.cgi
PDFサイバー文庫
http://novel.fan-site.net/
いずれも実験重視でアクティブではない(笑

実験と言うことでは移転を契機にハイビジョン映像日記を立ち上げた。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi

根が歴史オタクの傾向があったので自分の知見している技術と地域の歴史を勉強するためだったがクリップが集積したら見せ方等でCGIで遊んでみようともくろんでいる。

日記というのは小説と違って虚構がない、少なくとも撮影している映像と地名はリアルに存在している。また日記と銘打っているが話の半分以上はご当地の歴史と関連したものに当人が興味があるので地方史的に名前が知られているのも多いのだ。

ベースとしたCGIはテキスト等の論理ベースの仕分け方法は非常に考え抜かれたものであり優れものと言っていいと思う。(FLVの埋め込みスクリプトを拙が書いて改造している)
http://www.web-liberty.net/

ところが拙的に新たな課題がでてきた。1コラムで史跡を区切って掲載して行くと、その撮影した場所が全国発信しているにもかかわらず地元の人しかどこにあるかわからない様相を帯びてくる(笑

大袈裟にいうと1コラム形式で発信すると常陸太田市の局部の空間は撮影で説明出来るが常陸太田市全域からみたらどこというジレンマが出てくる。

そのジレンマを解決するためにいくつか方法を模索している。
今回は国土地理院の画像データーをトリミングしAcrobatでハイパーリンクしてみたのをアクセス出来るようにしてみた。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/DairyMap/DairyMap.pdf

利点はハイパーリンクだけなので軽い。

ただし改造の余地はまだまだあるとおもう。

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347

フラッシュへの動画変換(終章)

書き出し実験からFlixまでの流れだったが今回で終章。

ここでは、あくまでWeb上で見る動画変換に的を絞ったコラムを連載してきたが実験的にTrialの提示やショップにシステム対応をはかるなど具体的に改造を施してみた。最後に得た知見をお話ししようと思う。

前回はWebブラウザーの実験を試みたが使用機能的な面から言ってペガシス社がフリーで配布しているPegasys WEB FLV Playerにかなわない(笑)なまじ自分で作る等と言う愚を犯さずに合理的な無知を決め込み使い込んだ方が得だという結論に達した(爆)
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/webflv.html

ただし対応しているサイズは2つしかないので3面マルチ等の場合はFlixのテンプレート・Playerを使うという考えで割り切ってしまった。

もう一つ面白かったのはアドビのFLV.compornentの設定スピードは通常で400K、ハイレベルで700Kだったのに対してFlixは512Kと1000Kの設定をしている。ハイレベルはまるでCD仕様の早さなのだ。そこで以下の実験を試みた。

セリフ挿入機を非圧縮4:2:2の圧縮コーディックでNTSC画角640*480のカスタムサイズのmovを吐き出した(元はDVだ)。データーの容量は775Mになった(爆)それをFlixで320*240の1000K、2パスでFLVに変換しサイズは5.4Mに落ちた(爆)それをサイトにアップして見えるようにした。
http://audience.studio-web.net/FxScript/Fx.cgi?mode=dir&dir=85

シーケンス上のデーターを出力する時にデーターに変化を及ばさないための非圧縮だがFLV変換後の画像がいいか悪いかは各自が判断して欲しい。今のADSL環境では1000K接続スピードでもこの程度のデーター量は再生に支障がなくなってきている。

そこで400Kと512K、あるいは700Kと1000Kというのが実に微妙だが気になったとしたら貴方は病気かもしれない。編集者の精神衛生とは案外このような差をクリアーする事で安定を得られる困った性なのかもしれない(笑

これで終章となるが、今回のオチは深追いをするなにとどめよう(笑

ちなみにflvとCGIをハンドリングした応用サイトを開設している
常陸太田ハイビジョン日記
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347

On2 Flix Pro

アップロードファイル 199-1.jpgアップロードファイル 199-2.jpgアップロードファイル 199-3.jpgアップロードファイル 199-4.jpg

On2 Flix Pro を購入した。(Macでなかったら躊躇なくペガシス社のラインで決めたと思う)

On2社は知る人ぞ知るというか知らない人が多い圧縮技術の開発メーカーだ(笑)ここが最近注目されているのは開発したフラッシュの圧縮技術であるOn2VP6という4:2:0方式が一世を風靡しているからだ。
http://www.flix-j.com/index.html

アドビの試用期間が終わったので(笑)色々検討したが、以前購入したFlix Pro3があったのでOn2社とじかに交渉してバージョン・アップということでわけてもらった。(何回か英語メールが錯綜した(笑)上記の日本のページは購入の段になると直接米国のサイトに飛びクレジット決済となる。だから直接交渉した方が早いと思ったからだ)
http://www.on2.com/

Flix Proにしたのはswfの仕様にわからない事があったので直接吐き出してソースをみないと納得がいかなかったからである。実の話だがFlix Pro3は取り説を見た途端に使えないと観念して放置したままだったのでswfといっても初体験に等しい(爆

実験の段取りとして以下の手順で行っている。
1.flvを使ってswfとhtmlの吐き出し
2.flvに枠をつけswfとhtmlの吐き出し
3.1で出力したswfに枠をつけswfと枠の吐き出し
この実験はflvがswfに変身したのか、swfはflvの仲介役にすぎないのかという疑問で、もっぱらwebで使う事が目的となるので最初に押さえておこうと思ったのである。(散々検索して調べたが実に要領を得なかった)

素材は1.1Mのflvだ。
1.ではflvがswfに変身。(大きさも1.1M)でflvなしでも付属のswfをサポートしているplayerで再生できる。はきだしたhtmlでは左上の 画面でweb上で再生されたがページ・ソースはJavaの固まりで慣れるのに時間がかかりそうなので放棄、手に負える量ではない。(笑

2.ではswfの大きさが12kで逆にflvがないと動かない仕様だ。このhtmlのソースは8行程度のオブジェクト間にEMBEDで呼び出すだけの形式でswfを指定するだけでweb上で動くという超楽なソースになっている(写真右上)

3.ちょっと変則だったがこれも動いた、だがコントロール部分をよく見ると2と違う。1のそのまま再生される仕様がコントロールに残ってたのだ。(写真左下)swfファイルがもうひとつできた。(大きさは8Kだ)写真右下を見るとわかるように映像とコントロールのswfが存在しているのがわかる。htmlのソースは2と同じだ。また枠は拙の好みで選んだがスキンは多種類ある。

拙はswfは仲介役でflvと対に動く物と思っていたがWinのアクロバットでflvの読み込みがなくswfとなっていたので大きな勘違いと気づいた。印刷系でアクロバットを使っている知り合いに聞いても「なんでだろ」なんてギター漫才のような返事が多く、このように確認を重ねて行かなければならないのが実に辛い(笑

フラッシュはアニメーションを含めカテゴリー的には4つの分野をカバーしていると思われるが映像はその1部分の技術にすぎない。それゆえにフラッシュ映像専門解説のサイトが少ないように思われる。これだけ浸透しているわりには絶対的な情報量が少ないのだ。買って確認するには高すぎるような気がするのは拙だけか? そうではないと思いたい(笑

ちなみにflvとCGIをハンドリングした応用サイトを開設している
常陸太田ハイビジョン日記
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=346

秘伝 MacでYouTubeアップのコツ(実はWinも(笑))2
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=347

ページ移動