トップ > 辺境文庫の実験と収集 > 動画

色彩映画のシナリオ 中井正一 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

中井 正一(なかい まさかず、1900年2月14日-1952年5月18日)は日本の美学者、評論家、社会運動家。広島県出身。
西田学派の流れを汲みつつ、中井美学と呼ばれる独自の美学理論を展開した。その理論は極めて広範多様な対象への実践的な視点で知られる。1936年に発表した代表的論文『委員会の論理』をはじめとして、その著作は戦前戦後を通じて、いわゆる進歩的文化人を中心に広く影響をあたえた。京都帝国大学文学部、相愛女子専門学校(現、相愛女子短期大学・相愛大学)講師。1948年、羽仁五郎の推薦で国立国会図書館副館長に就任し、その基盤確立に尽力した。中井は大学院進学後、恩師深田康算の依頼によって『哲学研究』の編集にかかわり、この頃よりカントからマルクスの研究へと関心を深めていった。深田の没後、『深田康算全集』の編集に参加。この時のメンバーを中心として1930年に『美・批評』を創刊。同誌は美術史研究を中心としながら、現象学、記号論、新カント派やフランクフルト学派などの思潮、新即物主義などの芸術実践を含めた幅広い視野を持っていた。中井自身も貴志康一らと実験的な色彩映画の製作を行うなど、著述にとどまらない活動を展開した。

いまでは当たり前となった映画も白黒からカラーへの過渡期があり総天然色映画などと言われた時代の論文です。発表された1951年の日本は米国の占領中でした。といっても本論文はシナリオ・ライターとしての色彩映画にたいする心得を述べたもので堅い内容ではありません(笑
修正 削除

 ( 1件中 1 - 1件を表示 )

HDdiary

- Basic CGI Script by CosmoNavi -    FxScript Trial 2007