トップ > 道東(11.12.13.14) > 釧路

石川啄木と小奴 野口雨情 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

野口 雨情(のぐち うじょう)
1882-1945。詩人、童謡・民謡作詞家。本名は野口英吉。茨城県多賀郡磯原村(現・北茨城市)出身。『小樽日報』に勤めていたときには同僚に石川啄木がおり、交友を結ぶ。

作品について:石川啄木と小奴
野口氏は語る「石川は人も知る如く、その一生は貧苦と戦つて来て、ちよつとの落付いた心もなく一生を終つてしまつたが、私の考へでは釧路時代が石川の一生を通じて一番呑気であつたやうに思はれる。それといふのも相手の小奴が石川の詩才に敬慕して出来るだけの真情を尽してくれたからである。かうした石川の半面を私が忌憚(きたん)なく発表することは、石川の人と作品を傷つける如く思ふ人があるかも知れないが私は決してさうとは思はない。」野口雨情 談

釧路
修正 削除

 ( 1件中 1 - 1件を表示 )

HDdiary

- Basic CGI Script by CosmoNavi -    FxScript Trial 2007