トップ > 道央(1.2.3) > 後志

蟹工船 小林多喜二 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

初出:「戦旗」1929(昭和4)年5月、6月号
秋田県の農家に生まれ、北海道小樽で育つ。「1928年3月15日」「蟹工船」などの作品により、日本のプロレタリア文学運動を代表する作家となった。1933年、地下活動中に逮捕され、東京・築地署で拷問により殺された。いわゆるプロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている。
修正 削除

カインの末裔 有島武郎 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

初出:「新小説」1917(大正6)年7月 仮名遣い種別:新字新仮名(100ページ)
作品について: 獰猛な欲望と生命力に突き動かされる農夫、仁右衛門。人間に立ちはだかり圧倒する自然の猛威。羊蹄山のふもと北の大地を舞台に描かれた、無知ゆえに罪を犯す主人公の焦がすような生のいとなみ。

開拓期題材の小説ですが使われている道具の名前等、現在になるとわからないものが多く、とまどります。また、擬音の表現に遊んでいるのかなぁと思わされるのもが多くあります。内容は暗いです。学校の先生があまり薦めなかったのも解るような気がする(笑
修正 削除

小作人への告別 有島武郎 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日) は、日本の小説家。
学習院卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年渡米。帰国後、志賀直哉や
武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。
修正 削除

農場開放顛末 有島武郎 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日) は、日本の小説家。
学習院卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年渡米。帰国後、志賀直哉や
武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加。1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。
文中の地名である狩太は現在のニセコ町で比羅夫は平安初期の阿部比羅夫の名前から地名が付けられています。
修正 削除

初めて見たる小樽 石川啄木 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

石川 啄木(いしかわ たくぼく)
1886-1912。詩人、歌人、評論家。本名一(はじめ)。岩手県の僧家に生まれる。与謝野鉄幹の知遇を得、詩人としてデビュー。代表作に、詩集『あこがれ』(1905)、歌集『一握の砂』(1910)など。『小樽日報』の記者時代に野口 雨情と同僚。大逆事件を契機に社会主義思想に目ざめたが、肺疾患と窮乏のうちに死んだ。

作品について:初めて見たる小樽
『小樽日報』の記者時代の随筆。野口 雨情と同僚だった。小樽に来るにあたって「八月二十五日夜の大火は、函館における背自然の悪徳を残らず焼き払った天の火である。予は新たに建てらるべき第二の函館のために祝福して、秋風とともに焼跡を見捨てた。」と意外と冷たいが啄木も窮していたための思いもある。
修正 削除

雪中行 石川啄木 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

石川 啄木(いしかわ たくぼく)
1886-1912。詩人、歌人、評論家。本名一(はじめ)。岩手県の僧家に生まれる。与謝野鉄幹の知遇を得、詩人としてデビュー。代表作に、詩集『あこがれ』(1905)、歌集『一握の砂』(1910)など。大逆事件を契機に社会主義思想に目ざめたが、肺疾患と窮乏のうちに死んだ。

作品について:『小樽日報』の記者時代らしい。話の内容からすると明治40年(1907年)あたりの話となる。小樽から旭川を通って釧路にいく汽車旅行で野幌のレンガ餅、新聞で夕張炭坑の事故、砂川の空知屯田兵村(明治37年屯田兵制度は廃止になっている)の情景が描写されている。神居古潭駅では砂金採取所へ八町などの標識が有り旭川停車場まえの宮越屋旅館に宿泊し人と待ち合わせている。旭川の戸数は6000戸以上と記述が有る。

旭川に着く前に岩見沢の姉のところに泊まっているので義兄は岩見沢駅で働いていたと推測される。現在でも岩見沢は日本一大きな鉄道の構内面積を誇っているが当時の石炭輸送が岩見沢を経由して手宮(小樽)、室蘭、苫小牧に行われていた名残で明治40年には整備されていたはずだ。国策で作られた鉄道だが明治22年にいったん北海道炭礦鉄道に譲渡され明治32年(1899年)に国有化されている。

旭川で話は終わっている。
修正 削除

 ( 6件中 1 - 6件を表示 )

HDdiary

- Basic CGI Script by CosmoNavi -    FxScript Trial 2007