トップ > 道央(1.2.3) > 石狩

蝦夷開拓ヲ命スルノ勅語 明治天皇 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

明治2年(1869年)6月6日、肥前国佐賀藩主、鍋島直正は蝦夷開拓総督を命ぜられ、旧藩士島義勇らを
開拓御用掛に登用、7月13日には初代開拓使長官に就任したが、蝦夷地へ赴任することなく、
8月16日大納言に転任した。健康を損なっていたようです。佐賀藩士だった島義勇が札幌の
区画(条丁制)を策定しています。
修正 削除

札幌時代の石川啄木 野口雨情 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

野口 雨情(のぐち うじょう)
1882-1945。詩人、童謡・民謡作詞家。本名は野口英吉。茨城県多賀郡磯原村(現・北茨城市)出身。『小樽日報』に勤めていたときには同僚に石川啄木がおり、交友を結ぶ。

作品について:札幌時代の石川啄木
石川啄木の困窮が偲ばれる一作でこれでは家族もたまったものではない。野口氏は他にも「石川啄木と小奴」という啄木の釧路時代を執筆しているがそこでも啄木は釧路から夜逃げ同然を決め込んでいる姿を描いている。明治期で文学者が食べて行くには難しかったと考えさせられる著書だ。面白かったのは大通公園の由緒で屯田兵の永山将軍の考えと記述しているところで新鮮だった。
修正 削除

札幌まで 寺田寅彦 PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

寺田 寅彦(てらだ とらひこ)
1978-1935。地球物理学者。漱石の門下生でもあり、吉村冬彦の筆名で作品を書いた。数多くの随筆があり、いまでも多数の読者に愛読されている。

作品について:札幌まで
昭和7年の秋に札幌に講演旅行をした時の記録らしい。

札幌
修正 削除

喫煙癖 佐左木俊郎  PDFで視聴 wiki 参考情報リンク  

佐左木 俊郎(ささき としろう)
1900-1933。明治33年宮城県生まれ。「文学時代」(新潮社)の編集長であるとともに、探偵小説作家でもあり、農民文学の作家でもあった。昭和8年死去。

作品について:喫煙癖
 原稿用紙で6枚くらいの小品だが珠玉の作品に仕上がっている。内容を話したら興ざめなのでご覧ください(笑


地域:道央,石狩,札幌,豊平,月寒,札幌駅
修正 削除

 ( 4件中 1 - 4件を表示 )

HDdiary

- Basic CGI Script by CosmoNavi -    FxScript Trial 2007