記事一覧

山方城【常陸大宮市山方字館】


   

12月の末に友人Sが突然あらわれ下半期は疲れる事が多かったので大宮の温泉に行こうという話になった。場所は「ささの湯」だった(渓谷沿いのこの温泉は人に教えたくないほどアルカリ系のいいお湯だった)そこで筆者は行く途中の山方城に寄っていいかと頼み込んで撮影したのがアップした動画である。

その遺構は確認されただけでも尋常な広さではなく佐竹氏の支城群の中でも大きい方に属すのではないだろうか。元々武士の築城法には特徴があり川を望む台地上にあり険しい山や切り立った崖、急な斜面を利用するものが多い。筆者も川西市の多田、羽曳野市の壷井などの清和源氏の本拠を訪れた時は、あまりにも常陸太田市の太田城と城の立地条件が似ているのに感慨を深くした思いがあった。城による防御法は一定の法則があるようだ。

山方城も似たような立地条件で戦国期の山城の雰囲気を良く伝えているのだろう。久慈川の流れの3方向に面し当時としては要害にして戦略的な重要な地点と言うことになる。佐竹11代義盛は、関東管領家から婿養子を迎えた。その後見役として付き添った山方氏がこの城に入ったのが記録に残るこの城の最初の記述となる。このあたりの事情はその後の山入氏の反乱等ややこしい話が多いのでいつか紙面をわけて説明する予定だ。

前回のアップの三才町夏祭りが雨にたたられたために防塵防滴機能がある標準ズームを手に入れ山方城でテスト撮影を行った。結論を言うと空気感や解像感(解像度が良いとは言っていない(笑))は筆者の予想を上回るもので非常に気に入った。筆者は撮影の時はもっぱら30p設定を最近行っている。簡単にいうと1秒間に30枚の静止画がパラパラ連続して流れていく設定だ。

ではビデオカメラと一眼レフカメラの30pはどう違うのかという話になる。それは端的に言うと色の再現特性が根本的に異なると言う事だろう。その違いのもっとも判り易い比喩はテレビと写真の色は違うという根源的な違いだ。はっきり言うとテレビは輝度の比較的高い所で発色(量)が最大限になるように設計されておりフィルムはテレビと較べて輝度の低い所で色の量が多い。

フイルム系カメラメーカーのデジカメはこのフイルムの遺伝子を引きずって今日までいたっている。ありていにいうとフイルム系カメラメーカーの動画特性は30pの30枚の写真が動いているといっても過言ではない。筆者がこの1〜2年一眼レフにハマっているのもこの文脈に他ならない。まぁ色の道は深く(笑)受け取る情感も人それぞれ違うので定型化は難しいが筆者的にはしばらくこの路線で撮影を続けるつもりだ。

三才町夏祭り 2015


   

台風手形ではないが撮影して半年近く経過してしまった三才町夏祭りの模様をお届けする(深謝)

撮影スケジュールは昼間の子供神輿と夕方から始まる演芸会が中心となるものだった。子供神輿の撮影は望遠系のレンズで画面一杯に広がる圧縮効果の効いた動画を意図した撮影を心がけた。問題は夕方から雨模様となり本降りとなった。幸いな事にカメラと持って行ったレンズの一本が防塵防滴仕様だったので対応出来たが、心の中にさざ波が立つくらいの雨を浴びての撮影だった。

再生した夕方の映像はグズグズの雨の影響を受けた画面となり今回編集するまでどのように仕上げるか悩みが続いていたのだった。結局ありのままで出す事に決め今回の公開となった。拭いても拭いても雨がレンズに残りディフュージョンフィルターになったような画面が多い(笑

所有しているビデオカメラではそもそも防塵防滴対応されていないので筆者的には撮影を行わなかったと思うがビデオカメラから一眼レフに撮影システムを移行しつつあり一眼レフは対応していたので撮影をおこなったという事である。この晩の強烈な体験はシステムに影響を及ぼし現場に持って行く半数のレンズは防塵防滴仕様に切り替える契機となった。といっても雨の中で美味く収録出来る事とは違う話であり撮影方法は筆者的な課題となっている。

子供神輿の動画を改めて見返すと少子高齢化の文脈から若干子供が減ったのかという感想を持ったが実は日本の農業従事者の平均年齢は68歳近くとなっており5年後、10年後にこのような風景で撮影出来るのかという疑念がわいた。もしかしてとても貴重な撮影をしているのではないかとの思いが浮かび上がったきたのであるのだが(このあたりは時間の経過にまかせるしかないの)

ともあれ筆者のしょうもない迷いに時間がかかり上がりを楽しみにしていた関係者にご迷惑をかけた事を深謝いたします。あるがままという思想でご容赦いただければありがたいと思います。

遅ればせながら関係者の皆様、お疲れさまでした。

常陸太田市成人式 2016


   

2016年1月10日に常陸太田市市民交流センターで開催された成人式の模様をお届けする。

平成28年度では新たに589名の新成人が誕生している。このところの株価のがたつきや近々批准されるであろうTPP等の域内の影響を考えると順調の船出とはならないないかもしれないが、それでも強い気持ちを持って難局を乗り切って欲しいと思う。

2〜3年毎に撮影させてもらっているが、今年は荒れた感じもなく(水戸では大変だったようだ)祝辞等も静かに聞き入っている人が多く気持ちがよかった。

関係者のみなさま、お疲れさまでした。

機初そばの会 そば打忘年会


   

昨年(2015年)の暮れの12月23日に幡町(はたちょう)の機初(はたそめ)市民ふれあいセンターで、機初そばの会の主催で開催されたそば打忘年会にお伺いした。

機初そばの会は結成してから10年以上を経過しており今回参加されたメンバーには定例そば打会の累計でも百回以上の参加されている方が何人も居たと聞いた。茨城県のそば収穫量は例年上位にランクされその代表的なブランドである「常陸秋そば」の発祥は金砂郷地区とされている。このため常陸太田域内ではそば打に熱心な市民が多く一般家庭で打たれたそばが食卓に供されることは珍しくない。

昔、水府の大工さんから打ったばかりのそばを頂き有り難く家族で食したことがあった。おどろくほどの美味で家庭内で絶賛だったが、それを伝えた大工さんは事も無げに「隣の婆さんの方が美味い」と言った(笑)域内では家庭毎の味が形成されているかのような話だった。そこで筆者も奮起して挑戦しようとしたがあっさり挫折した。あまりにも奥が深くとても物にする自信がなかったのだ。中途半端に憶えても均質性や再現性等を期待するレベルには届かないだろうとの自信があった。そこで作る方から食べる方に専念する事にした(笑

冗談はこれくらいにして、そば打ちは意外と時間と体力を要する。蕎麦粉から蕎麦包丁を使い終わるまで約40分位はかかるのではないだろうか。その間に使う体力が馬鹿にならない。そば流通に関わっている知人が言うにはともかく腰に負担がかかるという。もっとも忘年会ではみなさん楽しそうにマイペースで作っておられ腰をさすっている人はいなかった。

打ち上げでの和気あいあいとした雰囲気を見ながら楽しみながらそば打ちを行っているのを感じる事ができた。関係者のみなさま、お疲れさまでした。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王