記事一覧

新羅三郎義光の元服


   

常陸太田市を本拠とした戦国大名佐竹氏の祖である源義光が元服したと言われる大津市の新羅善神堂を訪れた(撮影2012年)

河内源氏三代とは多くの場合、頼信、頼義、義家を指すが、武門の棟梁、源氏の大将、或は清和源氏の名流とされる家系は河内源氏棟梁二代目である頼義を祖とする者が多い。例えば河内源氏棟梁三代目で長男の八幡太郎義家は源為朝、源頼朝や源義経、源義仲の他、後の新田氏の祖となる源義重や足利氏の祖となる源義康といった源氏の代表的な武将が輩出されている。また次男の賀茂次郎義綱からは、美濃や河内などに石橋氏を輩出しており、三男の新羅三郎義光からは、源義業の子・佐竹昌義を祖とする佐竹氏、義業の弟源清光の子からは武田信義を祖とする武田氏やその弟加賀美遠光の子・小笠原長清を祖とする小笠原氏が輩出されている。


新羅善神堂が祀る新羅明神の縁起をみると新羅の国神とあるから朝鮮の神様であった可能性が高い(9世紀の話である)別の説として国会図書館に収納されている神仏図絵では「素盞嗚尊皇子なり母は稲田姫尊、五十猛尊紀州名草の社、近江国新羅大明神是なり」と記されている。スサノウと稲田姫の息子でイソタケルという記述があるのだが神仏図絵の成立年代がはっきりしていない。イソタケルは記紀では高天原を追放されたスサノウに従い出雲に上陸し高天原より持ち込んだ樹木の種を日本で植えたという。話が微妙に錯綜しているのだ(笑

注目したいのはスサノウの奥さんにあたる稲田姫を祀る神社が笠間市稲田にある。この縁起は不思議なもので「自分は奇稲田姫で当地の地主神である」と降臨したことにある。記紀をかじった方は、あれっと思うかもしれないがスサノウがヤマタノオロチと戦った時は稲田姫を櫛に変えて櫛を頭にさして戦ったと記述されている。

スサノウは剣を拔きてこれを斬った。尾を斬る時に剣の刃が少し欠けたので、割りてこれを視るに剣が尾の中に在った。これを草薙剣と言う。これは今、尾張國の吾湯市村(あゆちのむら)にある。熱田の祝部(はふりべ)の掌(つかさど)る神がこれである、とある。その蛇を斬った剣を蛇之麁正(おろちのあらまさ)と言う。これは今石上(いそのかみ)にある。

そうした後に、奇稲田姫を湯津爪櫛から少女の形に戻し、結婚の地を探して、出雲の淸地(すが)を訪れ、宮を建てた。そして「八雲たつ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」の歌を詠んだ。この後、稲田宮主簀狭之八箇耳が生んだ、子の真髪触奇稲田媛(まかみふるくしいなだひめ)を出雲國の簸之川の川上に移して育てた。そうした後にスサノウが妃とし、生ませた子の六世の孫を大己貴命(大国主)と言う。

日本最古の和歌(結婚の感動を歌っている)と天孫系の出雲(国津神系)の土着のきっかけとなったヤマタノオロチ退治と出雲国の成立の事情を見事に語っている。引っかかったのは稲田姫の「自分は奇稲田姫で当地の地主神である」という語りだ。ヤマタノオロチ退治の現場は笠間だったの(笑)出雲の淸地(すが)って菅谷の近辺という話になる(←ならないか(笑))まぁ筆が勝手に書いているのと思って欲しい。


さて、いよいよ清和天皇から始まって義光の子孫が常陸太田に入る一歩手前までになってきた。この後予定では源氏三代の墓所と義光の墓、清和源氏佐竹氏流の京都の革嶋氏(革嶋神社)を予定しているが後者は金砂大戦の時にアップするか悩んでいる。ただし太田に入ってからの撮影は時間が前後しても撮影を優先していきたいと傾きかけている。


戦国大名佐竹氏の源流を辿る旅
https://www.youtube.com/watch?v=_Jn0xa0cZ_Y&list=PLyOrGD-8u48H2oix-RrU2GyZvBFZnhYv1

鳥取砂丘の思い出 2015


   

昨年の夏に関西に住んでいる娘夫婦と中国地方を旅行し鳥取砂丘を訪れた記録をお届けする。

鳥取県の定番観光地なのだが筆者的には集客装置として非常に興味があった。定期的に動画を発信している者にとって、なぜそこに引きつけられるのかという疑問は常に問題意識として持っている。例えば、そこが歴史というキーワードで時間軸上の構造となっているのか、はたまた景観一本で勝負しているところなのか、或は食い物等々、人が何にお金をかけて訪れるのかという要因を考えると実に面白いからである。

初めて鳥取砂丘を見た感想を述べると箱庭感が強いこじんまりした印象があった。しかしそれは砂丘という色にどうやら騙されていたらしい。人が小さいのだ(笑)と言う事は相当スケールがあるのだろう。撮影域はミクロン単位の砂塵があり、たまたまカメラとレンズ1本が防塵防滴性能を持っているとは言えミクロン単位では抗すべくもない。機材を持つ込むには度胸が必要だった。そのレンズも35mm換算で24-70mmという長さなので引きの絵はそこそこでも寄りは期待ができなかった。

動画的には中途半端な構成となったかもしれないが今回は写っていれば儲け物という感覚で割り切った(笑)暑く、足もよれてしまい、携帯電話がなければ完全に迷子になってしまう所だった。あまりボヤかなないようにしているつもりだが雨とは違った意味で気持ち的にヘコんだ場所だった(笑

山方城【常陸大宮市山方字館】


   

12月の末に友人Sが突然あらわれ下半期は疲れる事が多かったので大宮の温泉に行こうという話になった。場所は「ささの湯」だった(渓谷沿いのこの温泉は人に教えたくないほどアルカリ系のいいお湯だった)そこで筆者は行く途中の山方城に寄っていいかと頼み込んで撮影したのがアップした動画である。

その遺構は確認されただけでも尋常な広さではなく佐竹氏の支城群の中でも大きい方に属すのではないだろうか。元々武士の築城法には特徴があり川を望む台地上にあり険しい山や切り立った崖、急な斜面を利用するものが多い。筆者も川西市の多田、羽曳野市の壷井などの清和源氏の本拠を訪れた時は、あまりにも常陸太田市の太田城と城の立地条件が似ているのに感慨を深くした思いがあった。城による防御法は一定の法則があるようだ。

山方城も似たような立地条件で戦国期の山城の雰囲気を良く伝えているのだろう。久慈川の流れの3方向に面し当時としては要害にして戦略的な重要な地点と言うことになる。佐竹11代義盛は、関東管領家から婿養子を迎えた。その後見役として付き添った山方氏がこの城に入ったのが記録に残るこの城の最初の記述となる。このあたりの事情はその後の山入氏の反乱等ややこしい話が多いのでいつか紙面をわけて説明する予定だ。

前回のアップの三才町夏祭りが雨にたたられたために防塵防滴機能がある標準ズームを手に入れ山方城でテスト撮影を行った。結論を言うと空気感や解像感(解像度が良いとは言っていない(笑))は筆者の予想を上回るもので非常に気に入った。筆者は撮影の時はもっぱら30p設定を最近行っている。簡単にいうと1秒間に30枚の静止画がパラパラ連続して流れていく設定だ。

ではビデオカメラと一眼レフカメラの30pはどう違うのかという話になる。それは端的に言うと色の再現特性が根本的に異なると言う事だろう。その違いのもっとも判り易い比喩はテレビと写真の色は違うという根源的な違いだ。はっきり言うとテレビは輝度の比較的高い所で発色(量)が最大限になるように設計されておりフィルムはテレビと較べて輝度の低い所で色の量が多い。

フイルム系カメラメーカーのデジカメはこのフイルムの遺伝子を引きずって今日までいたっている。ありていにいうとフイルム系カメラメーカーの動画特性は30pの30枚の写真が動いているといっても過言ではない。筆者がこの1〜2年一眼レフにハマっているのもこの文脈に他ならない。まぁ色の道は深く(笑)受け取る情感も人それぞれ違うので定型化は難しいが筆者的にはしばらくこの路線で撮影を続けるつもりだ。

三才町夏祭り 2015


   

台風手形ではないが撮影して半年近く経過してしまった三才町夏祭りの模様をお届けする(深謝)

撮影スケジュールは昼間の子供神輿と夕方から始まる演芸会が中心となるものだった。子供神輿の撮影は望遠系のレンズで画面一杯に広がる圧縮効果の効いた動画を意図した撮影を心がけた。問題は夕方から雨模様となり本降りとなった。幸いな事にカメラと持って行ったレンズの一本が防塵防滴仕様だったので対応出来たが、心の中にさざ波が立つくらいの雨を浴びての撮影だった。

再生した夕方の映像はグズグズの雨の影響を受けた画面となり今回編集するまでどのように仕上げるか悩みが続いていたのだった。結局ありのままで出す事に決め今回の公開となった。拭いても拭いても雨がレンズに残りディフュージョンフィルターになったような画面が多い(笑

所有しているビデオカメラではそもそも防塵防滴対応されていないので筆者的には撮影を行わなかったと思うがビデオカメラから一眼レフに撮影システムを移行しつつあり一眼レフは対応していたので撮影をおこなったという事である。この晩の強烈な体験はシステムに影響を及ぼし現場に持って行く半数のレンズは防塵防滴仕様に切り替える契機となった。といっても雨の中で美味く収録出来る事とは違う話であり撮影方法は筆者的な課題となっている。

子供神輿の動画を改めて見返すと少子高齢化の文脈から若干子供が減ったのかという感想を持ったが実は日本の農業従事者の平均年齢は68歳近くとなっており5年後、10年後にこのような風景で撮影出来るのかという疑念がわいた。もしかしてとても貴重な撮影をしているのではないかとの思いが浮かび上がったきたのであるのだが(このあたりは時間の経過にまかせるしかないの)

ともあれ筆者のしょうもない迷いに時間がかかり上がりを楽しみにしていた関係者にご迷惑をかけた事を深謝いたします。あるがままという思想でご容赦いただければありがたいと思います。

遅ればせながら関係者の皆様、お疲れさまでした。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王