記事一覧

ネモフィラの咲く頃、貴方と・・


   

話は前後するが4月19日にひたちなか市にある海浜公園を訪れた。

正確には国営ひたち海浜公園と言うそうだ。花火大会で訪れたことがあったが、春先のネモフィラの群生が見事に咲き誇り。そちらのほうでも有名な場所である(筆者は初めてだった)結構な広い場所で三脚を担いで群生地(といっても人工群生だろう)の見晴らしの丘まではちょっと歩かされた。

北米が原産のネモフィラは咲いても直径2cm前後の小さな花で、これが群生すると紫から青といった面に変貌し丘に作られた散策道は人で溢れそうになっていた。公園内では、開花時期が終わりそうになるスイレンや真っ盛りのチューリップの場所もあり動画に弱冠挿入してある。

初めてという興味もあったが撮影の方も高周波記録(最大200Mbps)とLEICAのレンズを手に入れた事で次の課題であった被写体深度のコントロール実験(ボケ足をマニュアルで設定)を行ってみたかったのであった。このあたりから技術的な話となるので飛ばしてもらって構わない。

一眼レフカメラで動画を収録する場合、テレビの垂直周波数の兼ね合いからシャッタースピードは50~60がデフォとなっている(まれに踊り等でキビキビ感を出す時は200前後を設定する事もあるし、仏像等、対象が動かないものであれば周りの光源の環境でシャッタースピードを下げることもある)収録コーディックは【FHD200Mbps】のMOVでネット配信を発表の場としている筆者は30pを好む。今のところカメラのGH4は唯一無二の高周波記録を誇りNinja並みの記録特性がある(これで家庭用の価格なのだから驚く、また100Mbpsながら4Kの記録も出来る)

50~60のシャッタースピードで固定出来たならISOをノイズが出ない最高値に固定する。そして狙い被写体深度を設定するためF(絞り)を設定する。この段階で光量がオーバーしていて大変な映像になっているはずだ。そこで可変NDフィルターを使いF値に見合う光量調整を行う。マニュアル動作が基本となるが、この状態でもAF(オートフォーカス)は機能する。

考え込んでいくと、このようなスタイルに帰結するのでノウハウでも何でもないので公開するが、これが眼レフにNDが必要という理由である。固定のNDを使いISOとF値を、ちまちま設定しても出来ない技ではないが筆者の場合は、めんどくさくて萎えた(笑

注意点は国産のNDフィルターでなければ透過むらが気になる点だが、(中国製は当然のように透過むらがでる)Kenkoはバカ高く、もう一社は国内で販売しておらず、そのMarumiのフィルターを米国の販売サイトから引いた。Kenkoの半値以下だったがそれでも20Kちょぼはした。それでもボケ足制御の誘惑には耐えられず、人間の煩悩は人類の課題と思ったしだいだ(笑

レンズの性能を引き出すための納得の撮影は出来るようになったが、もっとスピード感のあるイベント撮影は深度の深いFを使わざる得ない。写真ではなく動画なのでそれもいたしかたないのである。

航空博物館と成田国際空港の見学会(常陸太田市手をつなぐ育成会)


   

6月18日に常陸太田市手をつなぐ育成会により野外活動見学会が開催され成田市の航空博物館と成田国際空港を訪れた。

見学会は天気に恵まれ初夏にもかかわらず暑い日だった思いが残っている。千葉県は面白い県で年間1千万人以上入れ込む施設が複数ある。代表的な名前を挙げてもディズニーランド、海ほたるパーキング、成田山、成田空港、大型商業施設「イオンモール幕張新都心」の入れ込みも年間3500万人を目指すという計画だったと記憶している(その他、幕張メッセの集客も4~500万人)

とりわけ異色なのが成田市で世界に対する日本の玄関という国際的なイメージと成田山を中心とする宗教的なイメージが重なりどうも頭の中で整合せずにいる。かって成田空港の周辺で飛行機待ちをしたとき日本航空のホテルだったと記憶しているが朝食の和定食が7500円もしたので、そのころから成田のイメージはあまりよくない(笑

ただ人口13万人前後の街で1000万人以上の入れ込み施設が2つもあることには舌を巻く。このような巨大施設群がある千葉にとってまったくもって不思議なのは新幹線がない事だ。計画はあったようだが自民党の中間派の領袖であった千葉県出身の水田三喜男氏が急逝されたことで市川の手前まで延びていた路線が撤去されたと聞いている。結果、茨城県も巻き込まれる形となった。

筆者的には高崎ー新潟のような支線勘定で日立ー水戸ー宇都宮(途中で常陸太田は停車するけど(笑))があっても一向におかしいとは思わないのだが、時代がちょっと早すぎるか微妙だ。

成田の話からちょっと脇道にそれてしまった。最近の話では障碍者関係で話題にする以前のレベルの暗いニュースが多いので書けなくなってしました。障碍者差別を解消する法律が施行されたとたんの事件だから正直に言うと萎える。

見学会を開催した育成会の関係者の皆様、お疲れさまでした。

道の駅 ひたちおおた 黄門の郷オープン


   

平成28年7月21日に道の駅 ひたちおおた 黄門の郷がオープンした。

平成25年に完成予定であった「道の駅 ひたちおおた 黄門の郷」が東日本大震災の影響で計画より3年遅れでようやくオープンした。関係者にとっては一日千秋の思いであったかと思われる。竣工式での市長、知事、梶山代議士のご挨拶は非常に面白く、道の駅がどのような狙いで作られたかをそれぞれの立場で述べられている。

品揃えの中で一番興味があったのは、やはり加工品で、理由は利益率と日持ちがよいことに尽きる。このような場が出来た事で域内での商品開発に拍車がかかるのではないかと密かに期待している。例えば農業大国である米国にたいして時々、オランダが農業生産物の利益を上回る年がたまたまある。加工品が主軸のオランダを垣間見ても利益率が高いことが伺える。

竣工式典後、地味に常陸太田と東京都中野区との防災協定が結ばれたようであるが、市の生鮮野菜や加工品の流通にも話が及んでいる事は容易に想像できた。

特筆するのは梶山代議士が述べられた重点道の駅というシステムである。検索等で調べても要領を得ないのは道の駅とは24時間体制の無料駐車場とトイレの完備と言った先入観があるためで、現在は観光、特産品など地域の情報が集積、発信することで交通拠点としてより多くの入れ込みを期待出来る環境に進化している事を見逃している。

特に重点道の駅は複数の中央官庁をまたがって支援される位置づけで大枠で言うと現在のアベノミクスの地方再生、地方創生の政策と密接にリンクし道の駅を茨城県北の中核として域内を面と捉える発想が可能となっている。この発想の先には現在の常磐高速道常陸太田南からの引き込み線が、道の駅ひたちおおたの側まで延びるのも無茶な話ではなくなる。

ここ数年の工業団地の整備や常陸太田トンネルの延長路線が多賀に抜ける計画が息を吹き返す等の動きを見ているとバラバラだったピースが意味をなし、なかなかな展開となっている。

「道の駅 ひたちおおた 黄門の郷」の関係者の皆様、お疲れさまでした。

【8月3日追記】
昨日の夕方より生涯学習センターで市政懇談会が開催されので数年ぶりに訪れた。大久保市長が全般に渡って施策の目玉を解説していくもので上記に関連した説明があるかと期待していた。道の駅は順調な出足のようである。特に生鮮野菜の売り上げ多いとの事で、売り上げは翌日には生産農家にメールで知らせているそうだ(農家のモチベーションが上がるだろうなぁと感じた)

その生鮮野菜だが、市では高速バスと提携し(道の駅にバス停が新設される)道の駅からバスのトランクに野菜を積み込み中野区に出荷する流通と市場を開発したと聞いた(やるものである)一つ一つの独立したピースが道の駅開業と同時に連動し始めたのである(特に効率的な首都圏への市場開発は数年来の課題であった)

さて思わぬサプライズが土木費の項目に県道日立笠間線整備事業が掲載されていた。さりげなく上記の本文にさらっと書いたがこれは常陸太田トンネルから真弓山を抜いて多賀に抜ける計画だ。この真弓山トンネル部分の掘削に調査費がついた(行政的には調査費が付く事は事業を行う事と同義語)

この計画は茨城県土木部で約10年近く前から存在していた。問題はトンネル部分の予算が県の財政的なバランスと擦り合わせが難しかったと聞いている。常陸太田的には域内に4千人以上の日立製作所に就業している市民がおり通勤時において6号線の常態化している大渋滞には難儀をしている事は十分に把握しており路線の開発には悲願に近いものがあった(就業者だけのトンネル利用でも年間300万台の基礎数字となる)ちなみに日立市や常陸太田市ではトンネル部分以外の道路は、ほぼ完成している。

日立市では渋滞の解消のために海沿いのバイパス(場所に拠っては海の上(笑))をバブル期に設置している。それは見晴らしのよいもので筆者も気に入っている。ところが想定外のメンテ費用が発生した(海水にコンクリートの相性は良いはずがない)久慈浜まで延長する考えがあったようだがメンテ費用等の問題で難しくなるだろう。

今回の動きは総合的にトンネル掘削の方が採算が合うとの気運が出て来たところにアベノミクスの地方創生加速政策が加わり息を吹き返したと筆者は考えている。これにより自然があり物価の安い常陸太田を売りに沿線沿いに中規模な団地の造成することにより人口の下げ止まりも付加的に期待できる。

何やら筆者得意の妄想が膨らむ(笑

全国 黄門様ひげコンクール参加者募集

ファイル 437-5.jpg


   

平成28年8月14日に常陸太田市の道の駅 ひたちおおた 黄門の郷で開催される全国 黄門様ひげコンクールの参加者を募集しています。詳しくは下記のリンク(PDF)で申込書をご覧下さい。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/pdf/HigeCon.pdf




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王