記事一覧

表層地盤という知見

ファイル 448-1.jpg

(画像はJ-SHIS Mapより転載)

日曜日のNHKスペシャル「大地震 あなたの家はどうなる?」という番組の中で表層地盤のリスクを取り上げていた。筆者にとっては全く新しい知見だったのでちょっと調べる気になった。

防災科学技術研究所からみで「地震動予測地図」を公開していた記憶を頼りにググってみたらドンピシャで表層地盤までカバーしたサービスに行き着いた。

J-SHIS Map
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

上記のサイトの左上に貴方の住所を入れて地図を拡大し真上にある表層地盤をクリックしたら上記の画像となる(画像は透過率を調整している)

この番組の発端は1日のうちに2度の震度7が発生した熊本地震で破壊的なダメージを受けた地域から150m離れていた場所に、ほぼ被害を受けなかった場所が現れた事を題材としている。

その後の専門家の調査によって「地盤の違いによって揺れ方や揺れの大きさが違ってくる」事が明らかになった。つまり確率論的地震動予測では解明出来なかった地震被害のメカニズムがわかってきた。

見過ごせなかったのは熊本の場合は地盤の中に粘土質の地層が影響を及ぼしているのが明らかになり、筆者が過去に撮影した鯨ヶ丘トンネルの地層には相当部分に粘土質の地層が存在しているのを目撃していた。

そこで上記の画像を取り出してみた。左上の赤いマークが太田一高に隣接する筆者宅で太田地区をみることにした。250mメッシュで分割されているのでちょっと荒い分布図となっているが表層地盤からのアスペクトから見ると、はたそめ団地の地盤がよさげという話になる。

果たして揺れの具合がどの程度違ったのかは、東日本大震災ではこのようなアプローチが認知されていなかったので被害の程度を記録する事は出来ていなかったと思うが、参考程度にJ-SHIS Mapを見てみるのも損ではないと思う。

ちなみに、あの日に市役所の上階にいた友人は死ぬかと思ったと語っていた。筆者も水戸駅のマクドナルドでコーヒーを飲んでいたが、壁は割れ天井が落ちて来たりで、水道が破裂し水がしたたり落ちる階段を下りて、ほうほうのていで駅から出たのを憶えている。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王