記事一覧

大規模なDOS攻撃を受け4日間不通

筆者のネット環境は光回線のぶら下がりの状況がよく20-30Mくらいまで延びる事もままある(シェアーしている他の方の使用頻度が少ないと推察)ところが、ここ4日間、この映像日記を置いてあるサーバーへのアクセスが不通となった(他のサーバーにはすいすいアクセス出来るのでよけい疲れた(笑))

正規の問い合わせもままならぬ状態なので親会社の運営するサイトを通じて照会を入れてみた。するとレンタルサーバー群全体に大規模なDOS攻撃を受けて居る事が判明した。これは1~2週間かかるかなと覚悟した。民間のレンタルサーバーを攻撃して何の得があるのか理解に苦しむが現象的には発生しているのである。

俗にハッキングなどと言われている個人や法人の情報を盗む行為とは異なり短期間にアクセスを集中し標的サーバーの処理能力をダウンさせてしまう手法で、いわばネット上のテロ行為と目されているが、国家が主導する戦争行為となんら変わらない動きも我々は目撃している。行政や金融をダウンさせて国家機能を麻痺させてしまうわけだ。こうなるともはや戦争状態と変わらない。

個人や法人などの対策で一番効果的なのは設計段階でport80経由に限定すればリスクが大幅に低下出来る。そのかわりメールの使用を諦めなければならず、PerlやPhpなどのプログラム動作も放棄しなければならない。お知らせ板以外の機能を持たせてはいけないという話となる。実はこのような究極な選択をする企業は増えている。社内情報やメンテナンスはネットから遮断した環境で行うという設計だ。

今回のようなDOS攻撃に対抗する手段は色々考えられるが一番簡単なのは海外からのアクセスを遮断してしまう方法だ(笑)考えてみれば英語圏に属さない東アジアの独自の言語体系を持った国に世界中からアクセスが集中すると言う事が考えられるだろうか。遮断というのは極端としてもアクセス制限を始めたと筆者は推測している。

まぁ、久しぶりに慌てたが、どうやら通常状態に復帰しているようだ。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王