記事一覧

4月8日 郷に帰る

ファイル 434-1.jpg

1週間強の駆け足の関西旅行だった。今回狙ってみたかったのは愛宕念仏寺(おたぎねんぶつでら)くらいで後は伏見稲荷神社の山頂、万博公園のレンズテスト、北陸は金沢と七尾まで足を伸ばしたが残念ながらの小雨模様。大阪城は体がギトギトになり次回の撮影の楽しみのため首からカメラをぶら下げて静止画のスナップショットに専念しただけだった。動画の桜も狙ったものではなくたまたま満開に恵まれた撮影環境だった。(写真は現在の大阪城)

今回は撮影とは関係ない部分で大きく感じるものがあった。すでに我が国では派遣労働者が4割以上を占め企業では雇い止めが常態化している。雇用が不安定のため車を買う、結婚する、子供を育てる、家を建てるといった従来型価値観とはまったく相容れない世界が現出している。

たしかに現在は雇用者を搾り取る雇用形態がトレンドとなっているが長期的に見た場合、派遣労働者の割合が増え少子化の影響で人口が少なくなっていく中での人件費抑制型の会社経営は結局、顧客の減少を招き企業の収益を脅かす社会になって行くのではないだろうかとの疑問が膨れ上がっていく。その環境に企業はどのように生き延びるかという疑問である。

従来型の会社組織では顧客の無限創造がテーマとなっていたが可分所得を許さない雇用形式と人口減少が企業群への対抗軸として効き始めているのが今という認識だ。

その疑問は帰りの新幹線の喫煙室で出会った就活中の人懐っこい大学院生との話で理解の糸口が見えた。専門は数学だそうで金融系に行くかIT系に行くか悩んでいるそうである。まぁ最終的にはIT系の中でビッグデーターを扱う方向に興味が湧いて来たような思考をしているらしい。どう思いますかといきなり来た(笑

茶飲み話のような趣で煙草を吸いながら話した。金融工学や単一解析系はトレンドをメインにして数式を組んでもトレンドが消えれば数式そのものが消滅してしまうんじゃないかと語った。むしろ立体的に消費者動向をデーターベース化している所と組まなければ勝ち組にはなれないような気がする。

例えばAmazonやJR西日本、セブンイレブンのように毎日のように消費者行動の情報が入って来る所が、その情報を使って拡張して行く可能性が非常に高いのではないだろうかとの趣旨である。

くだんの院生は、筆者に対して、わかっちょるねぇ〜(笑)というような顔で聞いていたが、現実的にはその情報は個人情報の拡散禁止の法的な問題があり情報を持っている所が圧倒的に優位に立っているのである。そう考えるとビッグデータを持てなかったり、積極的に使いこなせないところは尻に火がついたタップダンスを舞い退場していくという図式となる。

意気投合したところで院生には、まぁ頑張れやという調子でハッパをかけたらオッサンもな(笑)という調子で別れた。考えてみれば人件費抑制で生き延びて行く大企業はやがてブラック化していくだけということなのだろう。こりゃはっきり言って過渡期かなという思いである。

また人口母体が確率論的に動きにくい地域は持続可能な地域社会を目指すという事かもしれない。どこを指してるかはおわかりと思うが...




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王