記事一覧

西山の里に春が来た


   

3月の下旬に西山の里で撮影を行った。桜は来週あたりに満開になりそうだ。

撮影日はライカのズームレンズのテスト予定だったが、このオリンパスの単レンズの性能に息を飲み結局、ズームテストは後日にし、このレンズでの撮影を優先した。解像感というより解像度そのものという写像がファインダーに現れた。単レンズの凄さである。

概算でNDを24~26程かまし昼間でもF1.8が維持出来るようにした。つまり全カットF1.8の撮影を行っている。解放から使えるという触込みと、どのあたりから崩れて行くかの確認のためで、総じて逆光にはちょっと弱いとの結論を出したが、大方のレンズはその傾向にあり、きちっとハレ切れをすれば撮影に耐えられるものが多い。

副次的に25mm/f1.8(35mm換算50mm)のレンズ1本でさらっとまとめる事ができて嬉しかった。カメラメーカーでは50mmを標準レンズとして設定しているところが多い。それは学説にも寄るが人間の見た目と50mmの画角が近いという説に拠っている。この場合1本で撮影するということはカット構成に合わせてカメラがマメに立ち位置を変えて画角を合わせる作業に他ならない。

本来ならば対象が同じ大きさでもレンズの画角により背景の広さに変化が生じる。24,35,50,80mmのレンズを使い対象を同じ大きさに撮影しても背景の広がり方が全然異なる。写像の撮影は背景感の狙いを持ってレンズを選択し撮影するというのが大きな流れであるが、これを50mmレンズ1本では自身が前後し編集し易いように対象の大きさを変えながら撮影するという動きとなる(これを持ってしても背景の広がり方は50mmの背景感覚を逸脱することは出来ないが)

オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8は、中心から周辺にかけて解像感を維持しようとする今様の考え方がはっきりしており、テストしようとしていたライカのズームレンズとは立体感を醸し出す感覚が対抗軸といっても過言ではないほどの設計思想の違いを感じる事ができる(どちらが勝っているとか、どちらが残るかという話ではない)

というのはさておいて、1本のレンズで動画を構成するというのも結構しんどかった。単レンズも25/f1.8,35/f3.5Macro,50/f2Macroの3本となり12と7~80mmを追加したら単レンズで撮影出来るかなと結構マジで考えている。まぁエープリル・フールも多少関係していなくもないが(笑




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王