記事一覧

常陸源氏の登場(河内源氏義光流佐竹氏)馬坂城


   

河内源氏義光流の源昌義が太田に土着した佐竹氏発祥地である馬坂城址に訪れた。この地域は古墳時代に物部氏が所管し開拓したと見られている。佐竹の由来は天孫降臨した物部氏の眷属の中に狭竹物部氏がいることから狭竹から後世に佐竹に変わったと面白い推測がなされている。

源義業(みなもと の よしなり)は1077年に源義光(新羅三郎義光)の適男として生まれる。長じて常陸平氏の吉田清幹の娘を妻にし昌義が生まれた。この昌義が久慈郡佐竹郷に土着して佐竹氏を名乗り佐竹初代とされている。正確にいうと義業が常陸源氏の初代と言ってもいいのだが久慈郡に居を構えて勢力を振るっていたという資料がみつからない。

元々、久慈郡は前九年の役のときに義光の武功によって与えられた地を義業が相続したと見られているが、太田には受領から土着した藤原秀郷流の武門藤原氏の一族である藤原通延が根をはっていた。そのため昌義は当初、佐竹寺の前身となる観音寺に寄居していた。ところが馬坂城主であった藤原一族の天神林氏が悪政を施したため昌義は馬坂城を襲撃し乗っ取ってしまった(勝った方のいい分には見えるが)

吉田清幹の手兵を借りたと伝えられている。時に昌義37才の齢だった。ここに佐竹氏は初めて城を持つ事になり太田に土着する拠点となった。その後、昌義は太田城を占拠し太田城主となったというのが佐竹氏の創世伝説である。余談となるが藤原氏は小野崎と名前を変えて宿老として佐竹氏に仕え、その支流の額田小野崎氏の末裔と筆者は友人となった。同じく京都に居る藤原系の友人と顔が似ているので笑ってしまった経験がある(笑

この地域は誰それの末裔と仰る方が多く、ここちよく目を回す事が多い。昌義は源氏とは馴染みの深い奥州藤原氏の藤原清衡の娘を娶っている。東国においては頼義以来の源氏の生き方なのだろう。手堅く閨閥形成していくのも兵法のうちだったのかもしれない。

その後、馬坂城は昌義の孫であった義清が入り城を稲木城とあらため、代々稲木氏を名乗ったという。城の外郭は40町歩に及んでいるが遺構には石垣などが見られない事から砦のような形態だったかと推測出来るが、背後にある鶴ヶ池から岸が切り立った形となっており結構な要害であったと感じさせる。藤田や河合の見通しがすこぶるいいが太田城方面は木々がしげり憶測すら妨げている。

中世期に佐竹氏が躍進を始めたきっかけとなった城であることはまぎれもない。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王