記事一覧

鳥取砂丘の思い出 2015


   

昨年の夏に関西に住んでいる娘夫婦と中国地方を旅行し鳥取砂丘を訪れた記録をお届けする。

鳥取県の定番観光地なのだが筆者的には集客装置として非常に興味があった。定期的に動画を発信している者にとって、なぜそこに引きつけられるのかという疑問は常に問題意識として持っている。例えば、そこが歴史というキーワードで時間軸上の構造となっているのか、はたまた景観一本で勝負しているところなのか、或は食い物等々、人が何にお金をかけて訪れるのかという要因を考えると実に面白いからである。

初めて鳥取砂丘を見た感想を述べると箱庭感が強いこじんまりした印象があった。しかしそれは砂丘という色にどうやら騙されていたらしい。人が小さいのだ(笑)と言う事は相当スケールがあるのだろう。撮影域はミクロン単位の砂塵があり、たまたまカメラとレンズ1本が防塵防滴性能を持っているとは言えミクロン単位では抗すべくもない。機材を持つ込むには度胸が必要だった。そのレンズも35mm換算で24-70mmという長さなので引きの絵はそこそこでも寄りは期待ができなかった。

動画的には中途半端な構成となったかもしれないが今回は写っていれば儲け物という感覚で割り切った(笑)暑く、足もよれてしまい、携帯電話がなければ完全に迷子になってしまう所だった。あまりボヤかなないようにしているつもりだが雨とは違った意味で気持ち的にヘコんだ場所だった(笑




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王