記事一覧

鳥の環境適合か?(守谷パーキング)


   

育成会の撮影が終わり帰路の途中で守谷の下りパーキングに小休止したときに鳥の面白い行動を見つけたので記録してみた。

育成会のNさんが鳥がホバリングしている。コウモリかなと言ったので、その視線を辿ったところ確かにパーキングに立っている照明器具の前を鳥がホバリングしている。ちょっとあり得ない光景だったので1分近く擬視した。時間は夕方の5時、12月4日なので暗くなっている。ところが鳥は強力なパーキングのライトに向かってホバリングしている。

どうやら光に集まってくる虫を捕食しているようにみえるのだ。またライトの周りには鳥が休んでいるようにみえるがライトで暖をとっているように見える。鳥目で夜の活動が制限されるという先入観があった筆者には驚くべき光景が目の前にあった。

この鳥群は守谷パーキングがある限り継続してこのような捕食行動を行うのだろう。そう遠くはない時期に遺伝子のスイッチが入り強力な光源に対抗出来る視覚特性やホバリング機能が効率化された羽がうまれるかもしれない。なにかしら生物のしぶとさを感じたひとときだった。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王