記事一覧

初冬の成田山真福寺


   

2015年12月の初冬、常陸太田市金井町にある成田山真福寺に訪れた。

金井町の成田山は板谷坂の登り口左側から入る道と東三町の「なべや」の南側階段を降りて左側から境内に入るコースがある。今回は表参道とも言える板谷坂から辿ってみた。明治32年に勧請された真福寺は、鋳物業界の小泉源三郎氏が中心となって勧請されたと伝えられている。

その当時の鯨ヶ丘は鋳物業や煙草をはじめとして各種問屋業、酒造業が絶頂の頃で板谷坂にある現在の伊勢神社のある場所には芸者の検番が置かれていた。その時代の金井町は総じて職人の町とされていたのである。

真福寺のユニークなところは葬祭系ではなく祈祷系として明治以来より信仰を伝えてきているところだ。御岩神社で在家の行者として活動している友人Gが法事を手伝う事が増えてきているが最初の擦り合わせは護摩の焚き方から始まったと聞くに及んで祈祷系の面目躍如と感じ入った次第だった。

最近境内では補修や書類の整理が始まり物によっては常陸太田市の教育委員会の判断を仰ぐ事があったらしい。現在調査中と聞き及んでいるが近日中にサプライズな発表があるかもしれず期待している。

2016年の除夜の鐘を聞く時分から恒例の護摩法要が行われる。家内安全、商売繁盛の祈願に訪れるのも面白いと思う。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王