記事一覧

西金砂神社小祭礼田楽舞 全四段


   

四方固め
(茨城県指定 無形民俗文化財 西金砂神社小祭礼 田楽舞 第一段)
   

獅子舞
(茨城県指定 無形民俗文化財 西金砂神社小祭礼 田楽舞 第二段)
  

種まき
(茨城県指定 無形民俗文化財 西金砂神社小祭礼 田楽舞 第三段)
  

一本高足
(茨城県指定 無形民俗文化財 西金砂神社小祭礼 田楽舞 第四段)
  

2015年3月26日-29日に開催された第199回 西金砂神社小祭礼より最終日の29日に旧金砂城跡地で行われた田楽舞全四段をお届けする。小祭礼での田楽舞の奉納は27日の中染、28日の和田、馬場。神輿が戻って来た29日の西金砂神社では2回行われる。前回を含めてこれだけ田楽舞の機会に恵まれながらきちっと撮影していなかったので29日に狙ってみた。

というのも資料的に押さえておこうとの思いと、前日の夜間撮影で手持ちにもかかわらずNikon D750が意外と機能したのでAtomos Ninjaを持ち込みProRes422(HQ) codecで収録する誘惑に勝てなかったのだ(笑)結果として便利ズームにもかかわらず気に入った解像度と一味違った発色を確認出来た。

もっともFX仕様のD750は便利ズームで28-300mmという制約と何より電動ズームが使えない、F値(絞り)を開けると被写体深度が浅くなる等の不利があり、前夜にうまく行ったとしても使えるのかという懐疑的な不安はつきまとった。案の定、しみちょびれなマニュアルズーム(しかも指が写った時もある(笑))つるべ落としに弱くなる夕方の日の強さetc,etc。何かを心配しながら撮影をするというあまり素敵な撮影環境ではなかった。

一眼レフを動画に使うのもゆるくない。しかしながら動画用途ではD750には格段の進歩があった。それは高解像度、発色、高感度の基礎性能が上がり、機能的にシャッタースピード固定とレンズ絞りの固定、更にISOが自動追従することが可能となった。これだけでボケなどビデオが苦手としていた表現方法がかなり広がる(いずれレポートする)

関係者の皆様、お疲れさまでした




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王