記事一覧

三才町 甲稲荷神社の初午祭 2015


   

2月11日に三才町にある甲稲荷神社で開催された初午祭をお届けする。

一眼レフのD5300を持ち出しNinjaで収録を行ったがキットレンズながらNikonの純正の色を楽しむ事ができた。稲荷神社は五穀豊穣の神様として特に穀物が専門の女神とされている。そのため米作地帯では非常に多く分布している。

元々は帰化人であった秦氏に関係が深いとされているが、その出目を辿れば秦の始皇帝まで行き着くとされている。朝鮮半島から渡来した時には産業系の職能集団としての役割が大きく、その当時の朝廷によって優遇されていた。その足跡は日本国中に存在しており、近年では産業の神様として専門分野を拡大している。

その神様が穀神として農村部では変わらぬ信仰を伝えている。記紀等の記述では出雲系の神様と書かれているが元々県北地域では出雲系の神様が多く、月末に開催される西金砂小祭礼の本尊も出雲系である。物部氏の影響もあるかと考えているが面白い場所に住んでいると思っている。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王