記事一覧

雑草に負けた悲しい物語


   

ここ3〜4年、野菜を作る楽しみを憶えた。きっかけは市の農業講習会を受講したのが始まりだった。当初は畑を持っていなかったのでプランターで作ってみた。

プランターで挑戦 2 Hitachi-Ota Hi-Vision Diary
https://www.youtube.com/watch?v=pQYFW6vMy34

何かしらうまく行ったようで1プランターあたり茄子が50個以上収穫出来た。先生の診断によると畑だったら100個はいくだろうとの話だった。恐る恐るだったが枝の選定がうまくいったようだった。その後2013年に友人の諏訪一則氏の畑でジャガイモとサツマイモを植えた所、筆者的には大収穫と思える量が実った。

それに味をしめて2014年は100KG以上の収穫を見込んでジャガイモを植えたいきさつが上記の映像である。4月に山新の種芋が安くなるのをみはからって下旬に植え付けをした。ところが5月か6月だったか諏訪氏がいきなり市会議員選に出馬すると言った。ははぁ、農作業をしているときに雷でもあたって突然覚醒したのかなと筆者は思った(笑

そのため7月の選挙が終わり挨拶回りが終わるまで諏訪氏は畑に戻って来る事ができなかった(笑)かくゆう筆者も夏場はクーラーをたいて部屋からでる機会が少なくなった(笑)まぁ北海道生まれの筆者には昨年の暑さは堪えた。結局、9月の頭に畑に戻った時が後半の映像でお見せしているが笑うぐらい呆れてしまった。

この映像を別の視点から見ると耕作放棄した田畑は速攻で蝕まれるというのが理解出来るだろう。あと1~2年したら確実に竹系のシノなどの畑に根を張る雑草が跋扈し通常の田畑に戻すには年単位の時間がかかるわけだ。今回も作付け時の畑に戻すのに相当な時間がかかった。実に耕作放棄された田畑を戻す工数は尋常ならざる時間がかかるということを体験したわけだ。

それでも今年は再度ジャガイモを植えようと言う話となっている。春になったら牛のウンコを軽トラで買いに行って畑に拡散する予定になっている(笑)勿論ことしも撮影する。

撮影は防塵等を考え今回のバックアップ用の家庭用カメラを使うか春までに防塵防滴のカメラを対策しようかと悩みどころだが、こけら落としの撮影にウンコというのも何だかなぁ〜という思いがある(笑

最近溺れている記録周波数を上げたカメラの記録方式はこの家庭用のカメラの周波数(17Mbps)の5倍近くの密度で撮影している。前回アップした動画と比較すれば筆者が溺れる理由もお察しいただけるのではないかと思う。

ちなみに諏訪一則氏は見事に常陸太田市議会議員に当選した。

p.s.
次回編集予定として
手をつなぐ育成会 秋の療育の旅
認定農業者 見学研修会
里川橋の開通
後藤青雲堂 塗装工程
佐竹氏関連4本 を予定している




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王