記事一覧

隣家の大部さんが茨城県知事賞受賞!!


   

2013年2月16日〜17日に、つくば市のつくばカピオで開催された「いばらき花フェスタ」の模様をお届けする。

いばらき花フェスタは、昭和50年に開始された今年で38回目に至る「茨城県花の展覧会」に併設されるかたちで、つくば市にある「つくばカピオ」で総合イベントとして開催され、今年で5回目を数えている。フェスタは茨城県や、つくば市が全面的に協力し、広い駐車場がある「つくばカピオ」で開かれ、生産者、流通、販売者、消費者が一堂に会する花のイベンントとして県下最大規模を誇る。

茨城県花の展覧会は毎年300点以上の出品が県内の花き生産者から出され品評会に供している。常陸太田市で園芸業を営んでいる大部さんの「いばらき花フェスタ」開始以降におけるここ5年の実績は秀逸で、過去の受賞歴を記すると
34回 銀賞
35回 銀賞
36回 金賞・農林水産省生産局長賞
37回 金賞・茨城県農林水産部長賞
38回 金賞・茨城県知事賞
とアルストロメリアの栽培では余人の追撃を許さないようである。お話を伺ったところではハウス栽培を行って通年の生産体制を整えるには相当の試行錯誤があったそうで簡単に増産体制を組めない難しいものであるようだ。過去に受賞した金賞のPDF  

今回知事賞を受賞した大部さんとは隣家のよしみもありよく酒を酌み交わす仲だが、まさかこれだけの職能を見せつけられるとは思ってもいなかった。しばらくドヤ顔(どうだと言う自慢顔(笑))を見ながら飲むのかなぁ〜と思っている(笑

さて余談の技術編だが、三脚は従来より3KG軽くなっている。移動の軽快性はかなりあがった。年に合わせて2〜3年したら更に重さが2KGは下がるカーボンを導入しようと思う(現在もカーボンだが山岳取材用途ではない)又、今回は撮影だけにしたが240GB(約2時間半の撮影容量)のSSDを使ってみた。

実際の編集で使用しなかったのはもう一つの現行認定されているハイビジョン撮影システムである720Pで統一してみたからだ。720Pの24MhzSDHC(AVCHD方式というかコアはH264だが)でどこまで使えるか見極めたかったのである。まぁ予想はしていたが720P(プログレッシブ撮影)はしっかりした足(三脚)を使う事で抜群の切れをみせる。

また足回りのHDDは半分をeSATAにしてスピード感を味わってみて見た。元々パソコンではThunderBolt端子の持ったものを使用しているので本来の早さになったということだがUSB3を使用した以上の感激はなかった。並に早いのである。今年は技術的な検討が早くめどがつきそうなのでコツコツと照明機材を増やして行こうかと考えている。まぁシステム的にはマイペースで3年くらいかかって引き上げて来たがもうちょっと時間がかかりそうだ。ちなみにこれから3ヶ月くらいは720Pの低圧縮でのシステムで遊んでみたいと考えている。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王