記事一覧

第31回 三才町夏祭り


   

2012年8月14日に常陸太田市三才町(サンザイチョウ)の諏訪神社境内で行われた三才町夏祭りの模様をお届けする。

今年は同時開催の鯨ヶ丘の太田祭りをパスし31回目を数える三才町の夏祭りの撮影をさせて貰った(次の日の山吹公園の盆踊り大会の撮影は行っている)諏訪神社で行われている三才町夏祭りはポスターで見る機会はあったが太田祭りと重なり実際に見る機会がなかったので気になっていた。

諏訪神社の起源は神代までさかのぼるが天照大神の系統ではなく、スサノウの6代目の子孫と言われている大国主の次男である建御名方男神(タケミナカタ=諏訪大社の主神)が国ゆずりに反対して建御雷之男神(タケミカヅチ=鹿島神宮の主神)と争い劣勢となり現在の長野県諏訪湖まで逃げたという伝説が残っている。つまり、れっきとした出雲の神様の系譜を引き継いでいる。

諏訪神社は、その諏訪湖にある神社を発祥として現在では全国に2,5000社ほど存在している。面白いのはその諏訪湖では湖を取り囲んで4社の神社が存在し、その4社全体で諏訪大社と言われている。筆者的な感度から見ると湖に対して結界が張られているようで非常に興味深い。

余談となるが動画で紹介している陶魂クラブを主宰し、スワ工房の代表である陶芸家の諏訪幸雄先生は諏訪神社の神主さんの家系。あるとき、同じく陶芸家である友人の諏訪一則氏に、出雲までさかのぼるんかいな、などという話になったときに、どうも江戸時代に水戸光圀の命により常陸氏から諏訪氏に改名させられたという伝承が残っているという。だとしても常陸氏も平家の末裔だから桓武天皇までさかのぼり、少なくても継体天皇までは行くじゃんという笑い話となった。筆者的に面白い話の展開となったしだい。

三才町の夏祭りは子どもの頃に神社で行われたお祭りがこんなだったなぁ〜と思い出させるような味わい深い物で、特に夜になってからの雰囲気が抜群だった。筆者は栄町に住んでいるが来年も遠征しようかなどと考えている(笑

お祭り関係の関係者の皆様、お疲れさまでした。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王