記事一覧

‪明治20年 日立物産會社(常陸太田市)‬


   

明治22年に発行された「大日本博覧絵」は脱亜入欧で近代化を遂げようとしている日本各地の産業を紹介している。常陸太田近辺でも数葉の絵図が残されている。その中から日立物産會社をお届けする。

明治18年に路上取引の取り締まり条例が厳しくなったという裏事情があったらしい(常陸太田市史)そこで久慈郡の有志が出資したという。市場の模様は同時期に発行された「太田景勝誌」にも詳しく述べられている。日立物産會社は色々な特産品を扱っていたらしいが売り上げのメインは葉タバコだったようである。明治39年に葉タバコの生産から製造まで国家の専売品になってから茨城県の産業統計から日立物産會社の名前が消えてしまっている。

明治10年に起きた西南戦争から明治27年の日清戦争のほぼ2/3にあたる明治22年「大日本博覧絵」は出版されている。日本の産業革命は日清戦争による賠償金によって大規模な産業投資がはじまったが大日本博覧絵に描かれている産業群はいったいどこから資金調達をしたのか興味がつきない。国庫の収入源泉は酒税とかの割合が多かった時代である(笑

大日本博覧絵の絵は総じて洋式風の絵画の影響を受けているようで俯瞰目線と消失点がはっきりした絵画風の絵もあり面白い。日立物産會社はそれほどのパースは効いていないが規模の大きいのがわかる。絵では若宮八幡宮に隣接した内堀町の近辺がすっぽり入るような規模となっているが、そうなのかは謎だ(笑)ともかく人が溢れ帰るほど集まっている様は壮観である(大画面、解像度アップを推奨)

またぞろ技術的な話になるが、この絵はスキャナーで取り込み大きさは3088*2053pixである。以前ふぁっしょん抄で遊んだ【最近のマロちゃん】の手法を使って構成している。
甦る着物たち (山口千恵子 ふぁっしょん抄)
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=303

つまりハイビジョンサイズの1920*1080pixサイズで上記のサイズを面取りし1枚の絵から数カットを作り構成した。1回遊んでみようと思っていた自家製プラグの応用だった。最近のデジカメのサイズは大きくなっているのでまた使うと思う。本来の開発目的は数百枚の写真をスキャナーで取り込み回転角度やトリミングをして資料映像をつくる仕事があり、めんどくさいので映像編集用に設計したものだったがデジカメだとデーター処理が一回減り使用頻度は上がっている。プラグを使う事で製作時間を圧倒的に短縮するというのが絶対条件であった。




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王