記事一覧

甦る着物たち (山口千恵子 ふぁっしょん抄)


   

2012年3月31日に日立市白銀町にある日立市の有形文化財である「旧共楽館」で開催された、きものサンバ千恵子こと山口千恵子先生と生徒さんによる着物リメーク ふぁっしょん抄をお届けする。

共楽館は現在、日立武道館になっている建物で東京の歌舞伎座や帝劇を参考に大正6年、日立鉱山によって作られた。往時は歌舞伎、大相撲、映画、講演会、展覧会などあらゆる催しものが開催され日立の文化の中心的存在だったようである。風情のある建物だった。

日立武道館(旧共楽館(きょうらくかん))
http://www.city.hitachi.ibaraki.jp/viewer/info.html?id=1083

千恵子先生のファッション抄は1年半ぶりに見たが慚新的なデザインはあいかわらずで驚かされる。筆者的には世界に十分通用する独創的なデザインと思っているのでYouTubeの機能を利用して英語のスーパーを入れてみた(JavaやFlashのバージョンで見えない事があるかも)また今回以降から従来の720P HDから1080P HDサイズに変更しようと思う。拡大モードにして1080Pに解像度を変更したらDVD以上の画質で見ることができるはずだ。

今回のきものふぁっしょん抄はNPO法人 共楽館を考える集い、NPO法人 まいづる19、きものサンバ・ネットワークの3団体の共催となっており、常陸太田から来ていた まいづる19のメンバーが多く現場に居た(筆者も加わっている)参加者と関係者のみなさま、お疲れさまでした。ふぁっしょん抄の模様は50数分の予定で、花てまりで販売される予定になっている。

ここからちょっと余談となるがデジカメの画素は概ね4000*2000pixelサイズがある。ハイビジョンは1920*1080pixelなのでトリミングができるほど余裕があるわけだ。3年前に編集で簡単にできるようにプラグを開発したが対象はデジカメ写真用ではなく最近ようやく出て来た4Kとか8Kサイズの映像システムに対応しようと考えていた。

つまり4000とか8000サイズの動画(もっぱら映画用に開発されたものだが)を引きの絵で撮っておけばハイビジョンサイズで美味しいぐらいトリミングができてワンカットから数カットゲット出来るという話のうますぎる使い方ができるかという都合のよい思い入れがある(笑

Red Oneで遊んでみた。
http://audience.studio-web.net/diarypro/diary.cgi?no=288

アップした日付をみたら札幌時代に作っていた。それから3年経過しているが、どうも時代はまだ来ないのでデジカメ用に遊ぶしかないようである。次回はこのプラグを使ってスキャナーのデーターで遊んでみようかと思っている。

フリー音楽素材MusMusを使用させていただいています。
http://musmus.main.jp/




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王