記事一覧

‪森山自動車整備販売の大商談会‬


   

6月10日に常陸太田市上河合町(かみかわいちょう)にある森山自動車整備販売から大商談会のDMが来たので撮影させていただいた。

実は森山さんには大きな借りがあった。昨年の夏に水戸の千波大橋の橋の真ん中あたりで車が急にエンストしてしまったのだ(後ろで待っている軽トラックを運転していた不機嫌そうな眼鏡をかけたオバさんに事情を話すと文字通りギャハハハハと笑ったオバさんの顔を今でも忘れない(笑))まず、水戸市の警察に連絡して橋上道路整理の依頼をし、藁をもすがる思いで森山自動車に連絡した。

社長に事情を説明したらすぐに来てくれると言う。何と言うラッキー(笑)しかも牽引かなぁ〜と思っていたら映像にあるレッカー車で来てくれたのだ(そのため筆者的にはくだんのレッカー車に感謝を込めて編集で使った(笑))ということで、それ以来7万Km以上走ってガタがきている愛車を見てもらっている。

映像日記のコラム映像はネットのSEO的(アクセス注目度)にみると映像をアップしてから2週間以内にはグーグル(グーグルの検索システムを使っているヤフーも含む)の検索でトップ10以内に入る可能性が強く(YouTubeを傘下に置くグーグールの方針がそうなっているのだろう)そのため将来的に誰かが森山自動車整備販売と検索すると、検索した人は映像も見てしまう確率が非常に高いという図式になる。

つまり映像製作の作りに手を抜けないのだ(汗)変なのを流したら主催者に迷惑をかけるという抑圧が結構働いている。

リポート風なナレーションとは裏腹に会社の営業品目や売りをスーパー表示しているのも伝えたいであろう情報を付加しないと上記の検索される方に会社的にもったいないとの思いが出てくる。

2010年の3月からYouTubeの投稿を開始して、このコラム映像で146本目となるが、YouTube枠だけでのアクセスが8万3000アクセスを超えている。地方の情報発信なので極端に増えるという事は考えられないが常陸太田の知名度を上げ、観光地や産業を映像でアピールできる仮説はそんなに筋として外れてはいないのではないかという思いが強い(存外、映像の力は強いものだと思う)

また驚く事にアップした146本が検索でトップ10に入る確率は非常に高く、ここにもグーグルの映像に対する検索スタンスが伺える。ありていに言えばSEO的な角度から考えると映像を使って情報発信をする時は、グーグル傘下のYouTubeを使う方がアドバンスがあるのかもしれないとの仮説が生まれる。このあたりがやってみなければ見えてこないという事だろう。

となると、テレビよりパソコンに向かう時間が全国的に多くなっている現代では放送波のメインである15秒のCMではなく検索でひっかかる映像情報をつかう新たな法則(メソッド)が出てくる可能性があるのかな等と思ってしまう。この場合の法則とは説得力やリアル性といったアスペクトの優位性をどのように具体的に再構築するのかというところがキーになるだろう。おもしろいテーマだと思う。どんな手口が有効なのか手法が多過ぎて見えない(笑)テレビ出現以前のラジオのように扇情的なツイッターの拡散とはちょっと違うのは理解できるが、まぁ宿題としておこう。

歴史もの、イベントものが多かった映像日記も今年後半は産業系のアップもそろそろかなという流れになってきている(店舗等の撮影依頼が増えそうな気配だ)といっても機材を肩にかつぐと足がよれる年齢を忘れずに、まったり挑戦して行くつもりだ。

ご協力いただいた森山自動車整備販売様、ありがとうございました。

フリー音楽素材MusMusを使用させていただいています。
http://musmus.main.jp/




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王