記事一覧

ネモフィラの咲く頃、貴方と・・


   

話は前後するが4月19日にひたちなか市にある海浜公園を訪れた。

正確には国営ひたち海浜公園と言うそうだ。花火大会で訪れたことがあったが、春先のネモフィラの群生が見事に咲き誇り。そちらのほうでも有名な場所である(筆者は初めてだった)結構な広い場所で三脚を担いで群生地(といっても人工群生だろう)の見晴らしの丘まではちょっと歩かされた。

北米が原産のネモフィラは咲いても直径2cm前後の小さな花で、これが群生すると紫から青といった面に変貌し丘に作られた散策道は人で溢れそうになっていた。公園内では、開花時期が終わりそうになるスイレンや真っ盛りのチューリップの場所もあり動画に弱冠挿入してある。

初めてという興味もあったが撮影の方も高周波記録(最大200Mbps)とLEICAのレンズを手に入れた事で次の課題であった被写体深度のコントロール実験(ボケ足をマニュアルで設定)を行ってみたかったのであった。このあたりから技術的な話となるので飛ばしてもらって構わない。

一眼レフカメラで動画を収録する場合、テレビの垂直周波数の兼ね合いからシャッタースピードは50~60がデフォとなっている(まれに踊り等でキビキビ感を出す時は200前後を設定する事もあるし、仏像等、対象が動かないものであれば周りの光源の環境でシャッタースピードを下げることもある)収録コーディックは【FHD200Mbps】のMOVでネット配信を発表の場としている筆者は30pを好む。今のところカメラのGH4は唯一無二の高周波記録を誇りNinja並みの記録特性がある(これで家庭用の価格なのだから驚く、また100Mbpsながら4Kの記録も出来る)

50~60のシャッタースピードで固定出来たならISOをノイズが出ない最高値に固定する。そして狙い被写体深度を設定するためF(絞り)を設定する。この段階で光量がオーバーしていて大変な映像になっているはずだ。そこで可変NDフィルターを使いF値に見合う光量調整を行う。マニュアル動作が基本となるが、この状態でもAF(オートフォーカス)は機能する。

考え込んでいくと、このようなスタイルに帰結するのでノウハウでも何でもないので公開するが、これが眼レフにNDが必要という理由である。固定のNDを使いISOとF値を、ちまちま設定しても出来ない技ではないが筆者の場合は、めんどくさくて萎えた(笑

注意点は国産のNDフィルターでなければ透過むらが気になる点だが、(中国製は当然のように透過むらがでる)Kenkoはバカ高く、もう一社は国内で販売しておらず、そのMarumiのフィルターを米国の販売サイトから引いた。Kenkoの半値以下だったがそれでも20Kちょぼはした。それでもボケ足制御の誘惑には耐えられず、人間の煩悩は人類の課題と思ったしだいだ(笑

レンズの性能を引き出すための納得の撮影は出来るようになったが、もっとスピード感のあるイベント撮影は深度の深いFを使わざる得ない。写真ではなく動画なのでそれもいたしかたないのである。

鳥の環境適合か?(守谷パーキング)


   

育成会の撮影が終わり帰路の途中で守谷の下りパーキングに小休止したときに鳥の面白い行動を見つけたので記録してみた。

育成会のNさんが鳥がホバリングしている。コウモリかなと言ったので、その視線を辿ったところ確かにパーキングに立っている照明器具の前を鳥がホバリングしている。ちょっとあり得ない光景だったので1分近く擬視した。時間は夕方の5時、12月4日なので暗くなっている。ところが鳥は強力なパーキングのライトに向かってホバリングしている。

どうやら光に集まってくる虫を捕食しているようにみえるのだ。またライトの周りには鳥が休んでいるようにみえるがライトで暖をとっているように見える。鳥目で夜の活動が制限されるという先入観があった筆者には驚くべき光景が目の前にあった。

この鳥群は守谷パーキングがある限り継続してこのような捕食行動を行うのだろう。そう遠くはない時期に遺伝子のスイッチが入り強力な光源に対抗出来る視覚特性やホバリング機能が効率化された羽がうまれるかもしれない。なにかしら生物のしぶとさを感じたひとときだった。

茨城県郷土工芸品 那珂湊だるま


   

ひたちなか市十三奉行で那珂湊ダルマを製造する飯田さんの工房に訪れた。

縁起物として我が国では広く普及しているダルマさんは正月や縁日では現在でもよく見かける。そのモデルとなった達磨大師は禅宗の祖とされインドの坊さんである。正月に神社にお参りし帰りにダルマを購入して帰る習慣は日本に定着している。

正月の1週間前にはキリストの生誕を祝い、それから正月には神社に参拝し、ダルマを購入して家に戻るという行動様式は日本人独特の懐の深さを感じ得ず驚嘆と共に笑いも禁じ得ない。ともかくめでたいからイイショーという感じなのだ。

那珂湊ダルマは顔のほりが深いという際立った特徴がある。飯田家に伝わる伝承では那珂湊から出向する船人が遠くを見るのに手を目の上にかざしたのが起源ではないだろうかと伝えられている。なるほどあのひさしのような頭は手だったのかという言い伝えである。

このようにダルマさんは各地の風俗と合体して様々な形状があることが知られている。なかには女性の外観をしたダルマさんまでいる。近年まで那珂湊だるまは茨城県内の港を中心に正月には移動販売を行って来たと聞いた。

茨城県郷土工芸品に登録され、ひたちなか市の無形文化財に指定されているそうだ。

龍ヶ崎焼 山懸窯のリニューアル

ファイル 406-2.jpg

6年程前に製作した陶芸家 山懸正先生の龍ヶ崎焼(りゅうがさきやき) 山懸窯(やまがたかま)のリニューアルを開始している。今回は委託HP扱いとして当サイトに移動しており検索等でも無事にポータルサイトとして最初の検索ページに出現している。

龍ヶ崎焼 山懸窯
http://audience.studio-web.net/yamagata/

筆者の製作のクセとして
・動画をフックしている事
・ページの深さは2層まで
・コンテンツは必要最小限

といったもので必要最小限の情報をわかりやすく作るという考えで製作している。その意味ではブログやショッピング・カート戦略等は縮小方向と言っていいだろう。理由は運営者が実際に運営を開始した時の管理面のメンテナンスが厳しいと言う事に尽きる。

HPは現在、番組制作も含めて秋口までに完成というソフトスタートのような感じのリニュアールを計画している。この6年間の山懸窯の飛躍も凄く、プロアマを含めた新日陶展での銀賞、大賞、シンリュウ賞等の受賞があり国内でも注目を集め始めた。

打ち合わせのために久しぶりに訪れたが、作風もオブジェを強く意識し、鉄等の成分を生かした基本的な作風から、黒を使った重みのある本格的な造形創作に取り組んでおられるようである。作品群も専門誌に掲載され、これからますます楽しみになってきた。

ページ移動




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王