記事一覧

アラン・チューリングの映画

ファイル 463-1.jpg


BSで映画が入っていて何気なく録画していて思わずハマってしまった。だいたい題名で録画セットする事が多いので筆者的には見終わってちょっと儲けた気分となった。と言うのも内容は暗号解読系の話で第二次大戦でドイツ軍が使っていたエニグマと言う暗号生成装置をイギリス情報部が解読するという話だ。

筆者的にはエニグマ関連の映画は3本目で,今回見た「イミテーション・ゲーム」も面白かった。内容は史実に沿ったもので、最盛期には10,000名以上の人員が情報解析に従事していた。もっともそれが本などで明らかになったのは戦争が終わって30年近くが経過しイギリス政府が公式に認めたのは50年以上の時間が必要だった。最高機密だったのである。

エニグマの原型は1910年代に開発されており機構的なバージョンアップが順次施された事で戦争直前の欧米の諜報機関では解読不能とされていた。ところがポーランドのマリアン・アダム・レイェフスキが一部解読に成功し、その手法がイギリスとフランスの情報部に秘密公開された。

この業績に刺激を受けたイギリスのアラン・チューリングが全く独創的な汎用の電動解読機を作って行くというあらすじである。この業績によりレイェフスキは暗号解読者として世界的な名声をはくし、チューリングに至っては現在のコンピューター技術の祖となっている。

暗号解読後の運用面の難しさは全てに渡って対抗策を講じると敵方に暗号解読されたとされ、あっというまに暗号生成機の構造が改造されてしまうという恐れがある。そのためイギリスでは敵方の作戦の重要性を統計的な手法で格付けし軍事的に損害の低いものは放置し見破られるのを防いだという。

これにより戦争の終結が2年は短縮し人命的な損失も1,000万以上が助かったと言われている。公式発表が遅れたのは軍事的な損害が少ないと見なされたものに都市部の空襲や船舶の攻撃等が含まれており敵方の攻撃によって損害を受ける案件をあえて放置しなければならない理由があったと筆者は考えている。実際に損害を受けた人が現存していては政治的に発表するのは難しい。

これを体制的に擁護する理論としてフォン・ノイマンのゲーム理論が1944年に提唱されたが、要は戦略の損とか得を計って国益を正当化するアプローチとしか筆者には見えない。環境的に格付けの低い損害の部位に居た人はいつの時代でもえらいめに遭遇するのである。

このゲーム理論は更に進化し映画「ビーティフル・マインド」の主人公で天才数学者のジョン・ナッシュが発表したナッシュ均衡で結実する。これは参加するプレーヤーの誰もが高い利益を得る事ができない戦略の組み合わせで、戦略の変更する要因を持つ事ができないことを数学的に証明している。

ところが現在でも国際戦略として取り入られているこの理論には大きな欠点がある。参加するプレーヤーが同じルール(価値観)に基づいた規範でゲームが行われているかという点だ。例えば東アジアが最近不安定なのも、トランプ、キム・ジョンウン、シュウ・キンペイ、プーチン、ムン・ジェイン、安倍首相がプレーヤーとして同じルールの価値観を持っているとはとても思えない。

単純に図式化するとナッシュ均衡では常に損を強いられる小国が核をキーに、ちゃぶ台をひっくり返そうとしているが、参加各国の重要度格付けの結果、その小国がひどいめにあう確率は高いと見ていた。ところがトランプ氏が中共に貿易戦争を仕掛け事態は混沌としてきた。

各国とも戦略の見直しが始まったところだろう。このように数理統計的に解析して行くとルールの変更により将来の見通しが大きく変動してしまうのだ。個人的にはヒットラーが最後の大博打であるアンデルヌ会戦を仕掛けたときアラン・チューリングがどのような統計解析を行ったのか非常に興味があるところだ。

いろんな見方があると思うが20世紀は数学者の時代であったのは間違いなく、現在の量子力学の時代に繫がっている。そのキモは確率論的に事象を見ると言う流れがある。つきつめれば全ての理論は仮説であるという道ではあるのだと考えるが筆者はそこまで割り切れていない(笑)なぜならば、あの料理がうまいとか、あの本が面白いとかの測定技術は現在もはっきりしない分野が有る。

極端に言うとJIS化されている色の基準も脳がみているだけで宇宙に存在しないしピンクも可視波長の合成色だ。数式等の実証世界は飛躍的に進化をとげているが我々が生きている実存世界が存在する事も証明されていないのだ。我々は3次元の住人だが最新の量子理論では11次元までの存在が証明されている。ただ観測装置がないのだ。

現在はここまでという認識を持っても損ではないと思う。

大規模なDOS攻撃を受け4日間不通

筆者のネット環境は光回線のぶら下がりの状況がよく20-30Mくらいまで延びる事もままある(シェアーしている他の方の使用頻度が少ないと推察)ところが、ここ4日間、この映像日記を置いてあるサーバーへのアクセスが不通となった(他のサーバーにはすいすいアクセス出来るのでよけい疲れた(笑))

正規の問い合わせもままならぬ状態なので親会社の運営するサイトを通じて照会を入れてみた。するとレンタルサーバー群全体に大規模なDOS攻撃を受けて居る事が判明した。これは1~2週間かかるかなと覚悟した。民間のレンタルサーバーを攻撃して何の得があるのか理解に苦しむが現象的には発生しているのである。

俗にハッキングなどと言われている個人や法人の情報を盗む行為とは異なり短期間にアクセスを集中し標的サーバーの処理能力をダウンさせてしまう手法で、いわばネット上のテロ行為と目されているが、国家が主導する戦争行為となんら変わらない動きも我々は目撃している。行政や金融をダウンさせて国家機能を麻痺させてしまうわけだ。こうなるともはや戦争状態と変わらない。

個人や法人などの対策で一番効果的なのは設計段階でport80経由に限定すればリスクが大幅に低下出来る。そのかわりメールの使用を諦めなければならず、PerlやPhpなどのプログラム動作も放棄しなければならない。お知らせ板以外の機能を持たせてはいけないという話となる。実はこのような究極な選択をする企業は増えている。社内情報やメンテナンスはネットから遮断した環境で行うという設計だ。

今回のようなDOS攻撃に対抗する手段は色々考えられるが一番簡単なのは海外からのアクセスを遮断してしまう方法だ(笑)考えてみれば英語圏に属さない東アジアの独自の言語体系を持った国に世界中からアクセスが集中すると言う事が考えられるだろうか。遮断というのは極端としてもアクセス制限を始めたと筆者は推測している。

まぁ、久しぶりに慌てたが、どうやら通常状態に復帰しているようだ。

4月8日 郷に帰る

ファイル 434-1.jpg

1週間強の駆け足の関西旅行だった。今回狙ってみたかったのは愛宕念仏寺(おたぎねんぶつでら)くらいで後は伏見稲荷神社の山頂、万博公園のレンズテスト、北陸は金沢と七尾まで足を伸ばしたが残念ながらの小雨模様。大阪城は体がギトギトになり次回の撮影の楽しみのため首からカメラをぶら下げて静止画のスナップショットに専念しただけだった。動画の桜も狙ったものではなくたまたま満開に恵まれた撮影環境だった。(写真は現在の大阪城)

今回は撮影とは関係ない部分で大きく感じるものがあった。すでに我が国では派遣労働者が4割以上を占め企業では雇い止めが常態化している。雇用が不安定のため車を買う、結婚する、子供を育てる、家を建てるといった従来型価値観とはまったく相容れない世界が現出している。

たしかに現在は雇用者を搾り取る雇用形態がトレンドとなっているが長期的に見た場合、派遣労働者の割合が増え少子化の影響で人口が少なくなっていく中での人件費抑制型の会社経営は結局、顧客の減少を招き企業の収益を脅かす社会になって行くのではないだろうかとの疑問が膨れ上がっていく。その環境に企業はどのように生き延びるかという疑問である。

従来型の会社組織では顧客の無限創造がテーマとなっていたが可分所得を許さない雇用形式と人口減少が企業群への対抗軸として効き始めているのが今という認識だ。

その疑問は帰りの新幹線の喫煙室で出会った就活中の人懐っこい大学院生との話で理解の糸口が見えた。専門は数学だそうで金融系に行くかIT系に行くか悩んでいるそうである。まぁ最終的にはIT系の中でビッグデーターを扱う方向に興味が湧いて来たような思考をしているらしい。どう思いますかといきなり来た(笑

茶飲み話のような趣で煙草を吸いながら話した。金融工学や単一解析系はトレンドをメインにして数式を組んでもトレンドが消えれば数式そのものが消滅してしまうんじゃないかと語った。むしろ立体的に消費者動向をデーターベース化している所と組まなければ勝ち組にはなれないような気がする。

例えばAmazonやJR西日本、セブンイレブンのように毎日のように消費者行動の情報が入って来る所が、その情報を使って拡張して行く可能性が非常に高いのではないだろうかとの趣旨である。

くだんの院生は、筆者に対して、わかっちょるねぇ〜(笑)というような顔で聞いていたが、現実的にはその情報は個人情報の拡散禁止の法的な問題があり情報を持っている所が圧倒的に優位に立っているのである。そう考えるとビッグデータを持てなかったり、積極的に使いこなせないところは尻に火がついたタップダンスを舞い退場していくという図式となる。

意気投合したところで院生には、まぁ頑張れやという調子でハッパをかけたらオッサンもな(笑)という調子で別れた。考えてみれば人件費抑制で生き延びて行く大企業はやがてブラック化していくだけということなのだろう。こりゃはっきり言って過渡期かなという思いである。

また人口母体が確率論的に動きにくい地域は持続可能な地域社会を目指すという事かもしれない。どこを指してるかはおわかりと思うが...

映像日記の歴史年表をチョイいじった

ファイル 428-1.jpg

記録を見ると、前回に雛形を作ってから6年間放置していたようだ(笑
話せば長くなるので割愛させていただくが200~860年までのテキストはそのままにしてムダな機能を省き、もっとシンプルにしてみた。

アプローチは
1.Wikipediaベースで年表から事柄を拾ってゆく
2.その事柄をGoogleに連動リンクさせる
3.関連動画をYouTubeにも連動リンクさせる。

それに常陸太田市周辺史の年表を加え
たまに筆者の妄想史観を付け加えるという構造だ。

問題があるとすれば西暦1000年近くから項目が膨れ上がってくる傾向が顕著となる。

ただしメリットもある。
1.例えば300-560年といった期間検索ができる(単年度検索もできる)
2.事柄検索もできる

使い方として事柄をシンプルに入力して検索で引っかかった複数の事柄をGoogleにリンクして調べるという方法と将来的には人名をWikiにリンクして調べるというところまで詰めて行きたい。最終的に常陸太田市を中心としたプライベートベースの年表にして行こうというのがほぼ煮詰まってきた(いつ完成するかは神のみぞ知る(笑))

最初の構想段階では検索エンジンを改造しようかと考えていたが年表ベースの使い易そうなのがあって使ってみたところ歴史の流れも理解出来る使い方ができそうで満足している。今後はテキストデーターが膨れ上がりそうなので動画もリンクだけで割り切ろうかと思っている。

まぁ、暖かくなってから取りかかる予定で、それまでは構想中ということにしておこう。余技としてCGI(PERL)とPHPを使ったScript改造に深刻になるほどハマった時期があったが期間を置いても酷い目にあった事はしっかり憶えており再度ハンドリングする気になった(笑

ページ移動




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王