記事一覧

‪常陸秋そば フェスティバル 2012‬


   

11月9日から11日まで開催された常陸秋そばフェスティバル2012の模様をお届けする。

今年は前夜祭が新たにもうけられ常陸太田駅で開催されている。常陸太田市では常陸秋そば発祥の地がオフィシャルとして金砂郷地区ということになっているようだ(ナレーションはHPを参考にした)大元を辿れば、そば好きだった水戸光圀が信州より持ち込んだのが始まりとされている。

その持ち込まれたオリジナル品種に近いと言われているのが、内堀町にある伊勢又米穀製粉で販売されている「金砂郷在来」と言われる品種で、生産農家と共同体制で、手間のかかったこだわりの姿勢を維持しながら消費者に供給している(越路で供されている当日限定のソバがこれだ)

明治期になって、この地方で、そばの生産が急激に伸びたのは旧赤土村の岡崎熊治氏が効率的な煙草栽培法を確立し一帯の主産業となったことが大きかった。煙草は連作に弱く裏作として適していたソバの生産が歩調を合わせるように伸びたのが原因だった。

もっとも、そのソバも現在のような江戸前の作り方ではなくソバ粉にお湯を入れただけでできる団子のようなものを「そばがき」と言って食べていたと古老に伺ったことがある。お団子がもろにソバの味がするこの食べ方はめんどくさがり屋の筆者にフィットしていて、時々作って食べている(笑

主産業となっていた煙草は国有化され、ソバの生産が伝統として残っているが、消滅してしまった産業もある。水府地区天下野(けがの)に紙の問屋が数十軒あったとされる和紙の製造だ。楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・雁皮(がんぴ)・黄蜀葵(とろろあおい)で作られる和紙の製造技術は水府、金砂郷地区では完全に消滅している(常陸大宮市に残っている)

秋そばの種籾は現在、常陸大宮市で生産されていると聞く。ところが生産者の高齢化が進み種籾の生産がだんだん難しくなってきているそうだ。このような話を聞くと今のうちに国産のソバをめいっぱい食べておきましょうなどと思う悪いクセが筆者にある。

日本で供されるソバは80%近くが輸入と聞く。めっぽう美味しい国産の新ソバが食べられる土地柄なので当たり前とは思わずに有り難いと思いながら食べるようにしているが、ソバ好きにとって新ソバが食べられる今が一番幸せな時なのかもしれない。

関係者のみなさまお疲れさまでした。

‪常陸秋そば フェスティバル 2011‬


   

11月12日から11月13日にかけて常陸太田市宮の里町で開催された‪常陸秋そば フェスティバル 2011‬をお届けする。

新蕎麦の季節が到来している。常陸太田市では毎年、‪常陸秋そば フェスティバル‬が開催されているが、今年は震災の影響で会場を宮の郷町にある宮の郷テクノパーク(工業団地)で催された。筆者は「NPO法人 まいづる19」のボランティアとして茨城県北部の特産物を販売する「グリーンふるさと特産物協同組合」で立ち上げを手伝っていたがオープン30分前よりビジターが訪れ商品を購入していった(笑)道路沿いに出店者のテントが並びオープン時間には上野のアメ横みたいな活況を呈していた。

協同組合で持ち込んだ生蕎麦は新開発の常温で1ヶ月は保存できる真空パックを応用したもので、生蕎麦の日持ちの悪さを解消し国内大量流通にも道筋をつけた優れものだったが、そんな説明をしなくても午前中にあっというまに完売。念のために持って来た「うどん」も午後には完売(笑)帰る頃には特産物がスカスカになっていた。

新蕎麦のにおいが会場に充満し13の団体が出店した蕎麦店も完売が続出した。土曜日から日曜日まで現場で蕎麦を打っていた知人が、もう腰がふにゃふにゃだとボヤいていた(笑)日本一と言われる常陸秋そばの新蕎麦+手打ち+もりそば=500円というサービスなので、多くの訪問者が新蕎麦を、はしごで食べられたのではないかと思う(筆者も念のため2食(笑))

土曜日は車の大渋滞が発生しピークには2時間以上待たなければ駐車場に入れなかったそうである。新蕎麦の常陸秋蕎麦は常陸太田市の風物であり、‪常陸秋そば フェスティバル‬は常陸太田市の代表的なイベントとなっている。

関係者のみなさまお疲れさまでした。

余談となるが、途中で黄門様を2カット挿入しているが、信州から茨城に蕎麦を持ち込んだのは水戸黄門様である。江戸時代はタバコ栽培の裏作で蕎麦を作るのが常態化したが、その道を開いたのが黄門様であった。会場での活況は、黄門様もさぞかし驚かれているだろう。更に余談となるが2週間前から常陸秋そば フェスティバル 2011‬のキーワードで検索される量が半端でなく増えた。月曜も状況が変化しないため急遽予定を変更してブログ映像を編集している。

太田市内では現在、里美地区で案山子まつり、水府地区で竜神狭の紅葉祭りが今月いっぱい開催されている。できるだけ今週中にブログでアップする予定でいる。

常陸秋そばフェスティバル2009+里美 新そば祭

     

11月14〜15日に金砂郷の交流センターふじで常陸秋そばフェスティバルが行われた。そば好きにはたまらない催しだ。常陸太田市内は、ほぼ、どこの蕎麦屋さんに行っても手打ちがあたりまえというカルチャーにようやく慣れ始めた。


【衛星写真は地図をクリックして設定】

メチャ贅沢なのだ。

とはいえ新蕎麦はまた格別だった。本音を言うとイベントで出てくる蕎麦と高をくくっていたが、あまり美味しくてもう一つ注文してしまう始末だった(笑)会場は駐車場からは離れているのでシャトルバスが3台運行していた。映像の冒頭はシャトルバスの前列に乗って撮ったものだ。

車のナンバープレートを見ると域外からのお客さんも多い。美味い物を知っているなぁ〜と感心してしまう。

にしても会場で食べた蕎麦はうまかった。

撮影を終えて里美でも新そば祭をやっているというので赤土を経由して行ってみた。(里美は、かかし祭が継続中で会場は同じ)会場では大久保市長が蕎麦を食べていた(笑)お昼にカントリーミュージックのバンド演奏がある企画だったようだが来年の楽しみとしよう。正直、イベントが多過ぎてうれしい悲鳴を上げている。

秋蕎麦がでる秋口に常陸太田は燃えるようである(笑

関係者のみなさま、お疲れさまでした。

第22回 里美かかし祭は
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=88

常陸秋そば 花満開(常陸太田市 赤土町)

     

この町に移転して知人が出来た頃にソバの話になった。筆者もソバが好きで出張で国内を歩いていたときは欠かさず食べていた。ところが、どうも微妙に話が食い違う。よくよく話を聞いていたらどうやら、くだんの知人は自分でソバを打っているようだった(普通にビックリした(笑))

そこで打ってもらって食べようと言う話になった。さっそく次の日にご相伴にあずかったが、それがメチャクチャ美味しい。これはえぇと褒めたら、隣の婆さんのはもっと美味いと言う(笑)

こんなに美味いんなら打ち方を伝授してくれと頼み込んだら、そっけなく、人に見せるものではないという(笑)知人は水府の人だったが、金砂郷や水府では自分の家でソバを打つのが当たり前なのだそうである。

たまたまタイミングが良く金砂郷でソバの講演会が開かれたので見に行った。福島のそば打ち大名人と言われる人の講演だったが約50分の実演を収録させてもらった。(内容は版権があるのでアップ出来ないのが誠に残念である)

それを10回以上見ているうちに何やら自分でも打てそうな気がしてくるから不思議だ(爆

まぁ、絶対うまくいく訳がないので無謀な挑戦はあきらめているが朝市で出品している国安町の鈴木さんの蕎麦打ちセットを見ているうちに衝動買いの念が湧いてくるから疲れる(笑)ということで少なからず興味があるのでソバについては少しずつネタがあれば撮影しようと思っている。

常陸秋そばの生産地である赤土(旧金砂郷町)と近辺を中心として映像を構成したが山間にある蕎麦の花が咲き乱れている様には感動を覚える。いつ新蕎麦が出てくるか今から楽しみなのだ。


【衛星写真は地図をクリックして設定】

赤土〜水府間を時速200Km以上で爆走。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=17

赤土お宝さがし会に参加したはこちら
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=77

ページ移動




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王