記事一覧

アラン・チューリングの映画

ファイル 463-1.jpg

BSで映画が入っていて何気なく録画していて思わずハマってしまった。だいたい題名で録画セットする事が多いので筆者的には見終わってちょっと儲けた気分となった。と言うのも内容は暗号解読系の話で第二次大戦でドイツ軍が使っていたエニグマと言う暗号生成装置をイギリス情報部が解読するという話だ。

筆者的にはエニグマ関連の映画は3本目で,今回見た「イミテーション・ゲーム」も面白かった。内容は史実に沿ったもので、最盛期には10,000名以上の人員が情報解析に従事していた。もっともそれが本などで明らかになったのは戦争が終わって30年近くが経過しイギリス政府が公式に認めたのは50年以上の時間が必要だった。最高機密だったのである。

エニグマの原型は1910年代に開発されており機構的なバージョンアップが順次施された事で戦争直前の欧米の諜報機関では解読不能とされていた。ところがポーランドのマリアン・アダム・レイェフスキが一部解読に成功し、その手法がイギリスとフランスの情報部に秘密公開された。

この業績に刺激を受けたイギリスのアラン・チューリングが全く独創的な汎用の電動解読機を作って行くというあらすじである。この業績によりレイェフスキは暗号解読者として世界的な名声をはくし、チューリングに至っては現在のコンピューター技術の祖となっている。

暗号解読後の運用面の難しさは全てに渡って対抗策を講じると敵方に暗号解読されたとされ、あっというまに暗号生成機の構造が改造されてしまうという恐れがある。そのためイギリスでは敵方の作戦の重要性を統計的な手法で格付けし軍事的に損害の低いものは放置し見破られるのを防いだという。

これにより戦争の終結が2年は短縮し人命的な損失も1,000万以上が助かったと言われている。公式発表が遅れたのは軍事的な損害が少ないと見なされたものに都市部の空襲や船舶の攻撃等が含まれており敵方の攻撃によって損害を受ける案件をあえて放置しなければならない理由があったと筆者は考えている。実際に損害を受けた人が現存していては政治的に発表するのは難しい。

これを体制的に擁護する理論としてフォン・ノイマンのゲーム理論が1944年に提唱されたが、要は戦略の損とか得を計って国益を正当化するアプローチとしか筆者には見えない。環境的に格付けの低い損害の部位に居た人はいつの時代でもえらいめに遭遇するのである。

このゲーム理論は更に進化し映画「ビーティフル・マインド」の主人公で天才数学者のジョン・ナッシュが発表したナッシュ均衡で結実する。これは参加するプレーヤーの誰もが高い利益を得る事ができない戦略の組み合わせで、戦略の変更する要因を持つ事ができないことを数学的に証明している。

ところが現在でも国際戦略として取り入られているこの理論には大きな欠点がある。参加するプレーヤーが同じルール(価値観)に基づいた規範でゲームが行われているかという点だ。例えば東アジアが最近不安定なのも、トランプ、キム・ジョンウン、シュウ・キンペイ、プーチン、ムン・ジェイン、安倍首相がプレーヤーとして同じルールの価値観を持っているとはとても思えない。

単純に図式化するとナッシュ均衡では常に損を強いられる小国が核をキーに、ちゃぶ台をひっくり返そうとしているが、参加各国の重要度格付けの結果、その小国がひどいめにあう確率は高いと見ていた。ところがトランプ氏が中共に貿易戦争を仕掛け事態は混沌としてきた。

各国とも戦略の見直しが始まったところだろう。このように数理統計的に解析して行くとルールの変更により将来の見通しが大きく変動してしまうのだ。個人的にはヒットラーが最後の大博打であるアンデルヌ会戦を仕掛けたときアラン・チューリングがどのような統計解析を行ったのか非常に興味があるところだ。

いろんな見方があると思うが20世紀は数学者の時代であったのは間違いなく、現在の量子力学の時代に繫がっている。そのキモは確率論的に事象を見ると言う流れがある。つきつめれば全ての理論は仮説であるという道ではあるのだと考えるが筆者はそこまで割り切れていない(笑)なぜならば、あの料理がうまいとか、あの本が面白いとかの測定技術は現在もはっきりしない分野が有る。

極端に言うとJIS化されている色の基準も脳がみているだけで宇宙に存在しないしピンクも可視波長の合成色だ。数式等の実証世界は飛躍的に進化をとげているが我々が生きている実存世界が存在する事も証明されていないのだ。我々は3次元の住人だが最新の量子理論では11次元までの存在が証明されている。ただ観測装置がないのだ。

現在はここまでという認識を持っても損ではないと思う。

遅ればせながらの明けおめ(汗

ファイル 462-1.jpg

写真は昨年暮れに正月を娘が住む大阪に行く途中の車窓から撮った富士山。連写のなかの1枚で出来不出来を棚に上げたとしても富士山はなぜか正月気分に似合う。

心がけが悪く現地に着いてから仕事をしようとノートパソコンを持ち込んだが、日頃の不摂生のせいか喘息をともなった風邪を引いてしまった。そのまま寝込み1月2日に吹田の病院に行ってインフルエンザの検査をした。結果は陰性だったが喘息は2月の中頃まで続き食も細くなった。

正直焦った(笑)体力と気力はオリンピックが始まり高木姉妹の活躍を見たあたりから回復したと思っているが、このように下がった時は経験的に読書をするに限る。わずか2ヶ月にも足らない期間だったが最後に隣家のOさんから5年程前に販売されたiPhone5sを貰ってから世界が変わった。

ありていに言うと街を歩いていても見る景色が全然違って見えるようになった。大阪万博公園あるいは従来環境からスイッチを入れて別の環境を見ることが出来る思いが強くなった。かって2011年の大地震の後にiPad2を購入した。何回か旅行に行く時に使ってみたが便利というだけで見切りをつけてしまった。

今回は革命的な飛躍と言われるios11がインストール出来るギリギリのiPhone5sを使ってオタッキーにチューニングを繰り返して自分自身が構築した情報環境は神経の拡張を感じさせる満足感があるものだった。今悩んでいるのは撮影機材より現行のiPad mini4が気になっていることだ。

まぁ、1年くらい様子を見ようと思う。突き詰めると自宅のパソコン環境がモバイル(移動)環境に移行出来るだけの話なのだが、その全世界に開かれた窓が自分の移動先に付いてくるというイメージだ。これが最低限の機能だ。最低限がそこから始まっている。

まぁ、iPhone5sの中古は1万もしないので自宅のWi-Fi環境でios11で何ができるか興味があるかたは遊んでも損ではないだろう。

スポーツ吹矢体験とラジオ体操教室


   

10月15日に体育協会太田支部と太田公民館が共催して太田小学校の体育館を借りてラジオ体操教室とスポーツ吹矢体験実習を開催した。

太田小学校は公民館から歩いて2~3分のところにあり戦国期から江戸の後期まで太田城本丸を中心としたエリアに両方とも位置している。ニュースポーツレク大会の競技種目については、これから方向性が少しずつ修正して行かなければならなくなる。それは高齢者移動学級のコラムで述べたように高齢者の高齢化時代に即した競技に変更せざる得ない流れとなるからだ。

高齢者移動学級 2017
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi?no=459

ありていに言うとソフトボール、バレーボール、グランドゴルフ等から、体力的に次の種目を必要とする世代が増える事を想定している。その種目の一つとしてスポーツ吹矢に注目していた。まぁ参加者があれだけ夢中になっている姿をみると力を入れていきたい種目と思っても仕方が無いか(笑

那須高原に療育の旅 2016(手をつなぐ育成会)


   

2016年11月11日に知的障碍者をサポートする常陸太田市手をつなぐ育成会では那須高原に療育の旅を企画した。

ちょうど1年前の今頃の季節に同伴させてもらった。那須町は人口2万5千人弱の観光が主力の町である。那須高原や那須温泉、スキー場等もあり、お土産物屋さんのバリエーションや親子連れでも楽しめる施設が散在している。極めつけは皇室の御用邸が有ることを知らない人はいないだろう。関東、東北域の軽井沢となってもおかしくないのだが、そこまでは発展していない微妙に残念な場所なのだ。(と言っても観光開発というアスペクトで見れば常陸太田市と比較した場合、提灯と釣り鐘級の差はある(笑))

当初この動画は春口に公開する予定だったが新たに仕事をする事になり遅れてしまい、関係者に迷惑をかけてしまった。

ページ移動




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王