記事一覧

黒磯バッケに登る(さわやかウォーキング)


   

6月4日に常陸太田市体育協会太田支部の主催で青少年健全育成会、太田地域協議会と太田公民館の共催により開催された「さわやかウォーキング」は、ひたち太田生物友の会の古平 均先生の監修で行われ、地層、植物群、動物群、史跡、歴史的建造物等、自然を中心として町屋地区を立体的に見て行くという意欲的な試みで、そのウォーキング計画の前半最大のピークが黒磯抜景の景観だった。

その抜景の地点が最高度だったらしく、その後は急峻な道を下り、町屋に戻った。象徴的だったのは義家の腰掛け石は別にして、変電所跡、煙草、石切の史跡を見ながら、平安、江戸期、明治期、近代の産業と域内を支えた痕跡が残っていた事で並のハイキングとは違った面白さを味わえた。

こう書くと余裕があったように見えるが、登りも下りも断崖絶壁部分がリアルに見える場所が多く、正直に言うと「こぇ〜」との思いが強く、楽勝で通り抜けるコースではないことを申し添えておく。経験者と行くのでなければお勧めできない。筆者の体は悲鳴を上げていた(笑

今回はこのようなコンデションが予想されたのでカメラも家庭用のビデオカメラで、できるだけ軽装にすることだけを考えた。5年程前に出たSonyのHDR-CX720Vという機器を使った。これは手持ちにしても空間光学手ブレ補正の機能でカメラがぶれにくいという効果が期待出来た。ステッキ代わりに使える一脚に軽いカメラを付けた(まぁ天気がよかったのでラッキーだったが)

また、収録したビットレートも20Mbps程度しか家庭用では期待出来なかったが、あまり意味もないのだが編集で200Mbpsまで持ち上げている。撮影時の状態を劣化させないのが精一杯で、このセッティングで移動学級の撮影を試みているが、この機能に対応している眼レフに心が動き始めている。今後も同じような撮影環境が確実にあるためしょうがない所だろう。

何れにしても軽装でそれなりの撮影品質を求めているというところだ。

健康スポーツチャレンジデー2017


   

5月31日に常陸太田市は佐賀県の神埼市(かんざきし)と健康スポーツチャレンジデーとして市民の参加率を競う形で対戦を行った。カメラは市内で行われた多くのイベントの中から山吹運動公園で開催された常陸太田ジュニア陸上競技教室を訪れた。

このイベントの撮影は初めてだった。教室は夕方の6時から始まり明るいレンズと根比べの撮影となった。現場の構成もアドリブ(ほとんどがそうだが)だ。常陸太田市の勝利は2年ぶりだそうで、多分一番喜んだのはスポーツ振興課だったような気がする(ゴキゲンな顔をしていた(笑))

佐賀県神埼市と言う平成合併後の名前で最初はどこか解らなかったが、合併以前に訪れているのを思い出した。吉野ヶ里歴史公園と呼ばれる場所で、訪れた時は卑弥呼の邪馬台国かもしれないなどとの触込みだった。福岡に行ったついでに時間を作った(そりゃそうだろう、絶対行くよな(笑))高倉式の後期弥生時代と目される建物が印象的だった。

すっかり忘れていたが面白い事もあると思った。

太田公民館で高齢者学級の開講


   

しばらく公民館ネタが続きそうだ(笑)5月から7月の頭まで行事が連続しておりニュースねたの編集が早く済むのとコンピューターが熱に耐えられるようにアプローチを変えている。今回は中城町にある太田公民館での高齢者学級開講の模様をお届けする。

公民館が主催する各種講座のなかでも高齢者学級には力を入れた事業計画となっている。オレオレ詐欺(振り込み詐欺)対策や基礎体力を維持する健康講座などは直近の課題としてこれからも積極的に起案して行く事になると思う。使われた参考テキスト等も本来は公民館デジタル出版の部でアップしたいのだが基礎資料にも著作権の問題がありネットでの頒布が難しいのがもどかしい所だ。

常陸太田警察署でも、ここ1〜2年の振り込め詐欺対策の動きが重要課題となっているようで、回って来たポスター等は館内にすぐ掲示する対応をとっている。

また話は少し飛ぶが6月の市議会でAEDに関する質疑があり、来年度以降に公民館でもAEDを導入する動きが出て来ている。決定となれば来年度はAEDの講習会を事業計画に盛り込み利用団体が安心して活動出来る場の提供に努めていくことになるだろう。

老いは必ずやってくる。高齢化の波に対して安心、安全の環境を作って行く事が、ますます社会に求められているようだ。

ノートブックにモバイル環境

ファイル 452-5.jpg

公民館のHPを立ち上げたのを契機にモバイル環境が必要となった。常陸太田市のサーバーは公民館まで繋がっているが関係者といえども個人の所有するパソコンは拒否する体制となっている。更に先週末には市の職員のメールにも添付ファイルが弾かれる仕様に変更になっておりちょっとした問い合わせメールで関係部署が忙しくなったようだ。

この事態の原因ははっきりしていて例の世界を騒がせたウィルス(ランサムウェアー)が茨城で跳梁し始めた事による。知人によるとwin7のセキュリーティのアップデートをおこたるとウィルスがセキュリティーホールを探し出しパソコンに忍び込む動きをすると言う(今のところ8や10からの侵入は確認されていないそうだ)

世情ではこの段階で各人のフォルダーにキーワードをかけ、金を送らなければロックの解除をしないなどと脅しメールを送りつける手口と聞いていたが、事はそう単純ではなくサーバーやクラウド環境にも入り込み猛威を振るっているという。

プレス発表はなされていないが世界的大企業のサーバーも感染され対応時間を消費させられているとの事でメールに忍び込んで個人のパソコンに悪さをする従来型のウィルスはもはや原始的に思えるとの感想を述べていた。

警告を無視 起こるべくして起きたサイバー攻撃
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16510220X10C17A5000000/

このようなネット環境下で市のサーバーの割当を受けHPを立ち上げるというのは夢のまた夢という話になる(笑)そこで筆者が使っているサーバーに作らざる得なかった(本体はアメリカにあり攻撃を受けたらFBIかNSAが所管となる。まぁ神社のお札みたいな効きめしかないが)

公民館HPも公民館や自宅から筆者のサーバーのメンテナンスが出来る環境を構築しているが、出先でのメンテナンスの体制もモバイルで出来るようにした。当初使った日本通信のB-Mobileのプリペードカードはトラフィックが1ヶ月で5Gという設計仕様で

サービス名(3,318円)
b-mobile 5GB×1ヶ月SIMパッケージ (標準SIM)
残データ量
4377MB 2017年05月18日〜2017年06月17日利用分
利用期間:2017年05月18日〜2017年06月17日

となった。回線の早さも問題なく田舎なのでデーター回線を使う人口が少ないのかしらと勘ぐってしまった(笑)HP開発は5月20日より開始しておりFTPを使いながら結構根つめて使った使用感であったが700Mも使ってない。筆者が一日定期的に回るサイトもニュースを中心としたテキストサイトが多いのも影響していたのかもしれない。これではもったいないので

株式会社インターネットイニシアティブのプリペイドに切り替えた。
SIMタイプ 標準SIM(3,791円)
初期データ量 2000MB
データ残量 1930MB
ご利用開始日時 2017年6月19日
データ量のご利用期限 2017年9月末日
アップグレード期限 2017年10月末日
直近のデータ利用量
2017年6月27日 13MB
2017年6月25日 32MB

サイトが出来上がってしまえば、トラフィックもざっとこんな感じで回線の早さも問題なく、初期費用は高いとの印象があるが2ヶ月以上使え、更にアップグレードのクーポンは寿町のセブンイレブンにあるマルチプリンターで購入出来る(2Gで3,000円)筆者的な仕事量では十分かなとの思いだ。目標1ヶ月千円というところだ。しかもいつでも辞められるので心理的に楽だ。

ちなみに標準SIMを使うWifiルーターはL-09cという大震災後に慌てて買ったもので、さきほどAmazonで見たら新品で4,500円で出ていた。元々災害時にiPad2と組み合わせで使うつもりでいたがパソコン用にも使えるので組んでみた。震災直後からみると若干通信環境が上がったかなという感じだが近場でクーポンの購入ができるようになったので良しとしたい。

ページ移動




サポートシール普及協力のお願い
太田公民館 活動案内
   









★★★ 話題の動画 ★★★ 
   第32回常陸太田朝市 風評被害を吹き飛ばせ

   
   (仮称) 常陸太田トンネルの完成

   
   茨城巨人伝説

   

【特別連続企画】戦国大名佐竹氏の源流を辿って
   清和天皇水尾山陵と貞純親王